今さら聞けない!Webサイト・LPの違い・特徴まとめ

WEB関連

日々目にしているWebページにはWebサイトとランディングページ(LP)があります。それでは、Webサイトとランディングページ(LP)ではどのような違いがあるのでしょうか。

今回はWebサイトとランディングページ(LP)の特徴や違いについて説明いたします。

もくじ

  1. Webサイトとは
  2. ランディングページ(LP)とは
  3. WebサイトとLPのデザインの違い
  4. まとめ

◆Webサイトとは

まず、Webサイトとは複数のWebページで構成されるサイトのことを指します。主に複数のページに遷移してもらいたい時に使用され、トップページがあり、そこからさまざまなカテゴリに分岐され下層ページへとつながっていくように複数のリンクで成り立っているのが特徴です。

例えば洋服のECサイトのようにトップページからレディース・メンズなどの大きいカテゴリーに分かれ、トップス・アウター・ボトムスなどの小分類に分かれていきます。ユーザーが多数の他のページからでも求めている小分類のページをすぐ見つけられるようにわかりやすいサイト構造になっている点も大きな特徴です。

◆ランディングページ(LP)とは

LPとは、1ページで完結する縦長のページのことを指します。「購入」や「お問い合わせ」「資料請求」などの行動をユーザーに起こしてもらうことがLPの目的になります。

複数のWebページで構成されるWebサイトと違う点はLPではファーストビューからメインのコンテンツを載せるBODY、クロージングと大まかな流れがストーリー仕立てで1ページにまとまっている点です。またLPでは他のリンクやボタンが少なくコンバージョンを促すボタンがわかりやすく目立つように配置されているのも特徴です。

◆WebサイトとLPのデザインの違い

Webサイトのデザインの特徴は、別のページへの誘導を明確にするUIデザインになります。

レイアウトや見出し、フォントやカラーの統一などブランディングを意識しルールーを設けて統一されています。 一方、LPのデザインの特徴は、長いページを飽きさせずにスクロールしてもらうようにジャンプ率の高いレイアウトやフォントデザインになっているのが特徴です。

◆まとめ

WebサイトとLPでは目的もデザインも異なります。それぞれの特徴を理解して魅力的なWEBページを制作しましょう。

採用情報を見る >

?