ユーザーに信頼感を与える広告クリエイティブについて

スキルアップ

広告を出稿するからにはしっかりとした成果が欲しいはずです。そのためにも、広告を見たユーザーが「クリックしたくなる」ようなクリエイティブの作成が求められます。

今回はユーザーに信頼感を与える広告について考えてみましょう。

もくじ

  1. ユーザーが求める情報
  2. ユーザーがスルーしてしまう情報
  3. クリエイティブを作成する際のポイント
  4. まとめ

◆ユーザーが求める情報

基本的に、ユーザーは「無料」、「○○%OFF」、「セール」、「期間限定」、「キャンペーン」などのお得な情報に敏感です。そのため、このような内容が表記されていると情報のメリットを一瞬で感じ取れてクリックにつなげることが期待できます。

それと同時に大事な要素が表記内容の「信頼感」や「安心感」です。商品やサービスの実績や事実ベースの情報など、信頼感や安心感を与える情報の作成が大切です。また、有名なブランドはそのブランドの商品であること自体が信頼につながることもあります。

つまり、ユーザーは「お得な情報」かつ「信頼できる情報」が記載された広告をクリックしたくなると言えるでしょう。

◆ユーザーがスルーしてしまう情報

対して、怪しさや疑わしさがある内容だとユーザーはスルーしてしまう可能性が高いです。例えば、「ダイエット商品の画像で比較前と比較後の写真が、明らかに別人だったり、加工されているような広告」、「ブランド商品や人気商品を盗作したような商品の広告」などが挙げられます。

それ以外にも文字が多すぎたり、画像自体に魅力がない、押し売り感が強い画像が使用されているとユーザーは離れてしまう傾向にあります。

◆クリエイティブを作成する際のポイント

信頼感・安心感を与えるクリエイティブを作るには以下の視点をポイントにしましょう。

・商品やサービスの実績を記載する
例えば、昨年の売上数やユーザーアンケートの満足度などの実績情報を記載することで信頼感を与えます。

・あえてデメリットを記載する
例えば、スマホの新モデルが発売されたタイミングなどに、「こちらは旧モデルのため○割引き」など割引された理由をはっきり記載することで信頼感を与えます。

◆まとめ

ユーザーの信頼感を与える広告について紹介しました。

広告クリエイティブを設計するときは、いかにユーザーへ商品やサービスのメリットを訴求しつつ、信頼性のある情報の発信ができるかが重要です。

採用情報を見る >

?