【リスティング広告初心者向け】広告運用ガイド|成果に繋がるポイント3つ

スキルアップ

リスティング広告運用を始めたばかりの方の中には、思ったように成果が上がらなく、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

今回はそんなリスティング広告初心者の方に向けてリスティング広告運用のポイントをご紹介いたします。

もくじ

  1. 成果が出ない原因を探る
  2. リスティング広告の運用で成果を上げるポイント
  3. PDCAサイクルの回し方
  4. まとめ

成果が出ない原因を探る

リスティング広告の運用を開始しても思ったようにコンバージョン数が得られない場合には複数の原因が考えられます。
まずは成果が出ていない主な原因について追及する必要があります。

リスティング広告においてコンバージョン数を決める主な要素は、「クリック数」「CVR(コンバージョン率)」の2つです。リスティング広告の成果を高めるためには、クリック数とコンバージョン率を改善する必要があります。

リスティング広告の運用で成果を上げるポイント

  • 購買意欲が高いユーザーに合わせたキーワード設定をする
  • キーワードに対して、個別に適した広告文を作る
  • クリック数やコンバージョン数の状況に応じて適切な入札単価を調整する
  • コンバージョン率の高いキーワードは入札単価を高めるなど、予算配分を適切に調整する
  • コンバージョンに繋がらないキーワードは除外する
  • ABテストを繰り返し実施する
  • リンク先のLPの内容を見直す

PDCAサイクルの回し方

リスティング広告で成果を出すためには、運用の中でうまくPDCAサイクルを回す必要があります。
PDCAサイクルとは、Plan(計画)Do(実行)Check(評価)Action(改善)の頭文字をとったものです。

Plan(計画)原因を探り対策を立てる

Do(実行)計画を実行する

Check(評価)実行した施策を分析する

Action(改善)次の計画の方針を決める

このサイクルを繰り返し行って業務の改善を促す技法です。

◆まとめ

リスティング広告の運用で成果を出すためには、アカウント構成や運用開始後の管理を正しく行うことはもちろん、成果が出ていない原因を見つけてPDCAサイクルを上手に回していくことがポイントです。

PDCAサイクルを効果的に回してコンバージョン数を増やしていきましょう。

採用情報を見る >

?