あなたは知っている?今Web広告業界でも注目されている「Google広告認定資格」の取得方法やメリット

スキルアップ

さまざまなWeb広告を運用する企業が増えてきている中、今「Google広告認定資格」という資格が注目を浴びています。
では「Google広告認定資格」はどうすれば取得できるのでしょうか?
今回はその方法などについてご紹介いたします。

もくじ

  1. Google広告認定資格とは
  2. Google広告認定資格の科目種類
  3. Google広告認定資格の取得方法
  4. まとめ

Google広告認定資格とは

Google広告認定資格とは、Googleが設けているGoogle広告の専門知識を有していることを証明できる資格になります。
Yahoo!広告でも同様に、「Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験」という公式資格を提供しており、広告代理店で働きたい方や、社内で広告運用を行いたい方などにおすすめの資格です。

Google広告認定資格の科目種類

Google広告認定資格は、英語・中国語・日本語・韓国語など全部で22言語に対応しており下記の4科目が設けられています。
4科目のうち、どれか1つでも取得すればGoogle広告認定資格の保有をアピールできます。
資格取得が多いほどGoogle広告の運用に精通しているということをアピールすることができます。

・検索広告

・ディスプレイ広告

・動画広告

・ショッピング広告

Google広告認定資格の取得方法

Google広告認定試験はWeb上で受験することができ、Googleアカウントが必須となります。

取得方法は、まずGoogleで「Google広告」ページを検索してGoogle広告のホームページへアクセスします。

次にフッターのサイトマップから「ヘルプとサポート」を選んで「スキルショップ」を選択します。

メニューの中から「Google広告の認定資格」をクリックして、受験したい資格を選択します。

試験の制限時間は75分間で、設問数は試験の種類によって異なりますが、選択形式問題が約50問ほど出題されます。

制限時間内で正解率が80%以上で合格となります。

もし不合格になってしまった場合でも、24時間経過すれば再度受験することができます。
Google広告認定資格は取得から1年間有効となり、期限が切れたら再度各サービス分野の理解度テストを受験しなければいけません。

◆まとめ

Google広告認定資格は、Google広告の専門知識を有していることを証明できる資格で、無料で取得できます。

Google広告認定資格を取得すればGoogle広告の運用スキルや知識をアピールすることができ、転職などにも有利になります。
誰でもWeb上で受けることができるので、ぜひ積極的に取得してみてください。

採用情報を見る >

?