記事制作の外注先を選ぶ際のポイントをご紹介!

スキルアップ

自社でメディアを運営している企業は、継続して記事を投稿していくことが非常に重要です。

しかし、他の業務などで手が回らず記事の作成ができない…なんてことはないでしょうか?

その打開策として、外部の制作会社に記事作成を代行してもらう。という手段があります。

今回は、記事制作の外注先を選ぶ際のポイントを紹介していきます。

もくじ

  1. 記事制作を外注するメリット
  2. 記事制作を外注するデメリット
  3. 記事制作の外注先を選ぶポイント
  4. まとめ

◆記事制作を外注するメリット

記事制作を外注するメリットは、いくつかあります。

まずライティング作業を請け負っている会社は、そこそこのライティングスキルを持ったライターが記事を作成してくれます。

ライターによる記事の制作は、一定レベルの品質保持が期待できます。

また、本来は記事の作成に時間を費やしていた部分を、他の業務に当てられるため、全体的な業務の生産性向上が期待できます。

◆記事制作を外注するデメリット

反対に記事制作を外注することによるデメリットもあることを覚えておきましょう。

まずは、当然ですが外注による記事作成は費用が発生します。

もし、継続的な記事投稿をしていても、認知度拡大や売上向上などの、投稿目標に繋がっていない場合は、費用対効果が釣り合わずに外注費が無駄になってしまうリスクがあることを覚えておきましょう。

また、外注先を選ぶ際は、自社が運営するメディアに合ったライターを探す必要があります。

特に専門性があるメディアの場合は、その専門知識を持ったライターがいる会社に外注するのが重要です。

一定の品質を保つためにも、自社の運営するメディアに合った外注先を選びましょう。

◆記事制作の外注先を選ぶポイント

ここでは、記事制作の外注先を選ぶ際のポイントについて紹介していきます。

自社のメディアに合ったライターを選ぶ

まずはデメリットの部分でも紹介したように、自社が運営しているメディアと合ったライターが在籍している制作会社を選びましょう。

特に専門性のある記事をお願いする場合は、その専門性に特化したライターを選ぶ必要があります。

ヒアリングをしっかりと行ってくれる会社を選ぶ

代行をお願いする際、メディアの概要や投稿したい記事の内容等のすり合わせを行うでしょう。

その事前のすり合わせの段階で、十分にヒアリングを行ってくれる制作会社を選ぶようにしましょう。

ヒアリングが不十分だと、メディアの方向性や目的から外れた記事が届くリスクがあります。

記事のターゲットや内容などが、自社と外注先で同じ認識になるように打ち合わせを行いましょう。

SEOのスキルがある

メディアの目的が認知度拡大や売上向上の場合、そのメディアを目立たせなければなりません。

検索結果で上位表示させるためにも、SEOライティングの知識がある代行会社を選びましょう。

実績がある

候補に上がった外注先の実績を確認することも非常に大切です。

実績で紹介されているメディアの検索順位や投稿記事のクオリティを確認し、成果が期待できそうな制作会社を選びましょう。

◆まとめ

今回は、記事制作の外注先を選ぶ際のポイントを紹介しました。

記事制作は外注することで、自社の作業リソースの確保や記事の品質保持が期待できます。

ですが、信頼できる制作会社へ依頼しなければ、望んでいた成果に繋がらないリスクもあります。

記事制作の外注先を選ぶ際は、メリットとデメリットをしっかりと意識し、調査は入念に行いましょう。

採用情報を見る >

?