Web接客ツールはチャット型がトレンド!人気の理由やメリットをご紹介

ツール

コロナ禍により様々な業界で非接触型の接客が注目されています。

このような状況下でチャット型のWeb接客ツールのニーズが高まっています。

今回はチャット型のWeb接客ツールについてご紹介いたします。

もくじ

  1. チャット型Web接客のメリット
  2. チャット型Web接客ツールを選ぶ時のポイント
  3. おすすめの人気チャット型Web接客ツール
  4. まとめ

チャット型Web接客のメリット

  • リアルタイムでレスポンスできる
    電話でのお問い合わせでは、窓口が混み合った際にすぐに対応することが困難な場合もあります。
    しかし、チャットであればリアルタイムでお問い合わせやクレームなどにレスポンスすることが簡単になり、顧客の不満が溜まりにくくなります。
  • お問い合わせのハードルを下げることができる
    コミュニケーションが苦手な人は電話でのお問い合わせをストレスに感じる方も多いです。
    チャットであれば直接会話することがないので、お問い合わせのハードルを下げる事ができます。
  • 顧客の声をデータ化できる
    お問い合わせやクレームなどの履歴をテキストデータで残すことができるので、今後のマーケティングに活用できます。
  • 場所に縛られない
    ネット環境があればWeb接客ができるので、いつでもどこでも対応が可能です。

チャット型Web接客ツールを選ぶ時のポイント

  • 使いやすく手軽に複数のメンバーでスムーズに使えるか
    複数のメンバーで作業することになるので、担当者に負担がかからず手軽に運用ができるかどうか確認をしましょう。
  • 導入や運用時にメンバーの負担がかからないか
    チャットツールに関する知識を持った人がいなくても、誰でも負担なく運用を始めることができるかどうかが大切です。
  • 業界に必要な機能が搭載されているか
    検討しているチャット型Web接客ツールは、自社のサービスに必要な機能が搭載されているのかを最初に確認しましょう。
  • サポート体制が整っているか
    サポート可能な時間帯や、サポートの担当者、方法などを確認しておきましょう。

おすすめの人気チャット型Web接客ツール

  • hachidori
    プログラミング不要のAIチャットボットです。
    導入・運用が簡単にできます。
  • GENIEE CHAT
    顧客のニーズに合わせてダイレクトメッセージを自動で配信できるチャットボットです。
  • ChatPlus
    スタンプ、イメージマップ、動画も活用できる、プログラミングの知識不要のAI搭載型のWeb接客ツールです。

◆まとめ

コロナ禍の影響もありリモートワークが進む今、チャットでのWeb接客はニーズが高まっています。

要件に合ったチャットツールを選び、マーケティングに有効活用しましょう。

採用情報を見る >

?