【Web初心者向け】CMSを導入するメリットや特徴を解説

スキルアップ

多くの企業がWebサイトを制作する際にCMSを利用しています。サイト運用を担当していたらCMSの知識は必要不可欠と言えるでしょう。

今回はCMSの特徴やメリットについて解説いたします。

もくじ

  1. CMSとは
  2. CMSの特徴
  3. CMSのメリット
  4. まとめ

CMSとは

CMSとは、HTMLやCSSなどのプログラムを組まなくても簡単にWebサイトを構築できるシステムのことを指し、「Contents Management System」の略称です。豊富に用意されているテーマやプラグインを用いて機能を拡張することができます。

特に「WordPress」は、世界中で多くの企業が利用しているCMSで圧倒的なシェアを誇っています。その他に有料から無料で使えるものまで多数のCMSがあります。

CMSの特徴

  • オープンソース型
    無料で公開されていてライセンス料がかからないものをオープンソース型と呼びます。
    WordPressもオープンソース型です。
    プラグインやテンプレートの種類が充実していて便利な反面、セキュリティ面には少し弱いといったデメリットもあります。
  • フルスクラッチ型
    自社に合ったシステムを、ゼロから完全オーダーメイドで構築するCMSです。
    ライセンス費用や開発費、年間保守契約料などがかかります。
  • パッケージ型
    オープンソース型とフルスクラッチ型の中間に位置するCMSです。
    初期費用とライセンス料がかかるためオープンソース型よりも費用がかかりますが、ベンダーにカスタマイズや更新を依頼することができます。
  • オンプレミス型
    自社で用意したサーバーにCMSを導入してWebサイトの構築や運用を行います。
    オンプレミス型の一番大きいメリットは、オフラインでもサイト運営ができるようになる点です。
  • クラウド型
    他社にサーバー管理を依頼するので、自社でCMSをインストールする必要がありません。
    インターネット環境さえあれば、オンラインでいつでもサイトの構築や管理ができます。

CMSのメリット

  • 簡単にWebサイトの運用ができる
    CMSを導入すれば、専門的な知識がなくても誰でも簡単にWebサイトの更新やページの追加ができるようになります。
  • マルチデバイスに対応
    PCはもちろん、スマートフォンやタブレットにも対応でき、マルチデバイス化をスムーズに行うことができます。
  • SEO対策がしやすい
    CMSにはさまざまな機能が搭載されているので、そこまでSEOに詳しくない担当者でもSEO対策がしやすくなります。
  • SNSと連携可能
    TwitterやFacebookなどのSNSとの連携ができます。

◆まとめ

専門知識がなくてもCMSを活用することで、簡単にWebサイトの構築・運用ができるようになります。

CMSを上手く活用して業務効率化につなげていきましょう。

採用情報を見る >

?