あなたは知っている?「競合分析」の方法│基本的なフレームワークをご紹介

スキルアップ

市場で勝ち残るためには、まず競合他社の特長や戦略を知ることが重要で、それを知るためにはリサーチ・分析を経てデータを揃えるプロセスがポイントになります。

今回は競合分析の方法やフレームワークについて解説していきます。

もくじ

  1. 競合分析とは
  2. 競合分析を行うことで得られるメリット
  3. 競合分析を行うためのフレームワークの方法
  4. まとめ

競合分析とは

競合分析とは、文字通り競合他社の商材やサービス内容を把握し分析することです。

競合他社の強みや弱みを見つけ出し、自社の商材やサービス内容と比較することで自社の優位な面や劣っている面などを洗い出すことができます。

競合分析を行うことで得られるメリット

  • 客観的な見方ができる
    競合他社や自社について、商材や業績、ターゲットユーザーなどを客観的に捉えることができます。
  • トレンドを把握できる
    商材や業績、ターゲットユーザーなどを客観的に捉えることで、業界でどんな商材がトレンドの中心にあるのか把握することができます。
  • 価格を見極めることができる
    商材や、ターゲットユーザー、トレンドなどを把握することで業界内での適正価格を見極めることができます。

競合分析を行うためのフレームワークの方法

  • 3C分析
    Customer(顧客)=顧客ニーズ
    Competitor(競合)=競合の現状
    Company(自社)=自社の現状
    上記の3つの視点に立って分析を行うことでバランスよく戦略策定をする方法です。
  • 4P分析
    Product(製品)
    Price(価格)
    Place(流通)
    Promotion(販促)
    マーケティングの基本となる上記の4つが適切に組み合わされているかどうかを分析するときに使うフレームワークです。
  • SWOT分析
    Strengths(強み)…自社の長所
    Weakness(弱み)…自社の短所
    Opportunities(機会)…外部要因の中でポジティブなもの
    Threats(脅威)…外部要因の中でネガティブなもの
    上記4つの頭文字を取ったもので、自社の強みと弱みを把握しながら、戦略策定に役立てる方法です。

◆まとめ

競合分析は、競合他社を分析し自社の強みや弱みを把握しながらマーケティングの戦略を立てるための手段です。

競合分析ツールなどを使えば簡単に競合調査を行うこともできます。ぜひ今後のプランニングに取り入れてみてはいかがでしょうか。

採用情報を見る >

?