あなたは知っている?CRMツールを導入するメリットや選び方を解説

ツール

近年、ビジネスのIT化が進むに伴いCRMを導入する企業が増えてきています。

今回はCRMを導入するメリットや選び方について解説いたします。

もくじ

  1. CRMとは
  2. CRMのメリット
  3. CRMの選び方
  4. まとめ

CRMとは

CRMとは、顧客情報の管理や、顧客分析、マーケティング支援ができる「顧客管理ツール」で「Customer Relationship Management」の略称です。

CRMを導入すると、これまで部門ごとに個別に管理されていた顧客情報を部門間で共有が可能になり、顧客情報を効率的に活用できるようになります。

CRMのメリット

  • 社内での情報共有を効率化できる
    メールや電話などでやり取りしていた顧客情報を一括管理することができ、社内での情報共有にかけていた時間を削減することができます。
  • マーケティングの精度が上がる
    CRMに蓄積された顧客情報を活用すると、簡単に明確なターゲット層やペルソナを出すことができ、マーケティングの精度を高めて効率的に販売していくことができます。
  • 顧客満足度を向上できる
    CRMを利用して、一人ひとりの顧客データに合わせて新製品の案内やクーポンを配布することができるので顧客満足度の向上につながります。

CRMの選び方

  • ニーズを満たす機能が備わっているか確認する
    CRMには様々な機能が備わっていますが、まずは自社が必要としている機能が備わっているか確認しましょう。
    機能が多すぎると操作が複雑になるので必要最低限の機能が備わっているツールをおすすめします。
  • 直感的に操作できる
    CRMツールは直感的に操作できるかどうかも重要なポイントです。
    ITツールの扱いに不慣れな人でも、直感的に操作できるかどうか確認しましょう。
  • サポートが充実している
    CRMツールは、使用していくと操作や活用方法について疑問点が浮上してくることもあります。そのような時に疑問点をスムーズに解決できるサポートがあるかどうかも大事なポイントです。
    サポートの中には有料のものもありますが、サポートのオプション内容によっては有料でも付けたほうがよい場合もあるので、サポートやオプションの内容を事前によく確認しておきましょう。

◆まとめ

CRMツールは顧客情報の管理、活用ができるITビジネスには必須のツールです。
直感的な操作ができ、担当者の作業負担を減らすことができます。

CRMツールにはたくさんの種類があるので自社のニーズに合ったツールを選ぶことが重要です。
無料お試し期間があるツールもあるので、まずは複数のツールを利用してみて最適なCRMを導入していきましょう。

採用情報を見る >

?