あなたは知っている?コンバージョン率を高めるCTAのポイント解説

スキルアップ

Webマーケティングにおいて重要な「CTA」ですが、「CTA」をどう設計するかによってコンバージョン率が大きく左右されることはご存知でしょうか。

今回はコンバージョン率を高めるCTAのポイントについて解説いたします。

もくじ

  1. CTAとは
  2. CTAの種類
  3. コンバージョン率を上げるCTAのポイント
  4. まとめ

◆CTAとは

CTAとは「Call To Action(コール・トゥ・アクション)」の略です。

ランディングページやブログ記事、SNS、広告などでユーザーにとって魅力的なサービスを誘引し、クリックするよう呼びかけるための仕掛けのことを指します。

日本語では「行動喚起」という意味になります。

◆CTAの種類

CTAは主に以下の種類があります。

ユーザーにわかりやすいように目立つようにCTAボタンを設置することが重要となります。

ボタンのデザインも大事ですが、ユーザーが思わずクリックしたくなるような魅力的なキャッチコピーを入れる事もポイントの1つです。

・カートに入れる

・資料請求

・会員登録

・メルマガ登録

・シェアボタン

コンバージョン率を上げるCTAのポイント

CTAを何となく設置するだけでは、コンバージョン率のアップにはつながりません。

以下のポイントに気を付けてCTAを設置することで、よりコンバージョン率をアップさせることが期待できます。

・強力なコピーと連動する

説得力のある広告文を入れて、ユーザーに「行動を起こしたい」という気持ちを喚起させます。

・ボタンだけで内容を伝える

長いコピー全体を読むことが面倒なユーザーもいます。

そのため一瞬で情報がわかるボタンデザインにします。

・ページのコンテンツに合わせる

ページのコンテンツ内容とCTAがちぐはぐになっていると、ユーザーは戸惑ってしまします。

CTAは必ずコンテンツ内容と合わせる必要があります。

・マイクロCVの設置

BtoBサイトの場合では一つだけのCTAを設置するのではなく、細かい段階ごとにハードルを下げたCVポイントのCTAを設置すると効果的です。

◆まとめ

CTAはコンバージョン率に直結する大事なポイントです。

コンバージョン率をアップさせるためには、今回ご紹介した以外にも様々ポイントがあります。

なんとなくCTAを設置するのではなく、コンバージョンの目的を明確にさせてユーザーがクリックたくなるようなCTAを設置することが重要です。

採用情報を見る >

?