Google Analyticsの「カスタムレポート」を使ってより深いアクセス解析をおこなう方法をご紹介!

ツール

アクセス解析に欠かせない、Google アナリティクスに「カスタムレポート」を作る機能があることはご存知でしょうか。

今回はGoogle アナリティクスカスタムレポートの作り方などについてご紹介いたします。

もくじ

  1. Google アナリティクスカスタムレポートとは
  2. マイレポート機能
  3. カスタムレポートの作り方
  4. まとめ

Googleアナリティクスカスタムレポートとは

Google アナリティクスカスタムレポートとは、Google アナリティクスのレポート機能のひとつです。

ユーザーが自由に項目を設定し、独自の分析レポートを作成できる点が特徴です。

Google アナリティクスカスタムレポートには「指標」と「ディメンション」の2つの項目が設定されていて、セッション・ページ・ビューや直帰率などのデータを取得して運営に必要な分析ができます。

マイレポート機能

Google アナリティクスには、カスタムレポートの他にも、マイレポートという機能があります。

カスタムレポートは細かい分析に向いていますが、マイレポート機能はアクセス状況の大まかな把握に適しています。

マイレポートとカスタムレポートを状況によって使い分けることで効率的な分析が可能になります。

カスタムレポートの作り方

左側のメニューのカスタムから「カスタムレポート」をクリックします。

新しいカスタムレポート選択して、各ブロックの情報を入力します。

・全般情報

レポートのタイトルになる部分です。

・レポートの内容

名前、種類、指標グループやディメンションの詳細です。

・フィルター

モバイルからログのアクセス状況に絞って分析する場合に必要であれば設定します。

・ビュー

複数のサイトをGoogle アナリティクスに登録している場合には「このアカウントに設定されているすべてのビュー」を選択しておきます。

作成したカスタムレポートは、「カスタム」から「カスタムレポート」をクリックして「操作」から編集や削除、コピー、共有することができます。

◆まとめ

アクセス解析には欠かせないカスタムレポートの活用は、慣れるまでは少し難しく感じることもあるかもしれませんが、サイト分析に効果的なのでぜひ活用していきましょう。

採用情報を見る >

?