あなたは知っている?「Web改ざん検知」とは|手法やおすすめサービスをご紹介

ツール

インターネットの普及とともに日常が便利になっていく中、サイバー攻撃の被害も後を絶ちません。

サイバー攻撃の被害の中でも、Webサイト改ざんの被害は年々増え続けています。

今回はWebサイト改ざんをいち早く検知する「Web改ざん検知」について解説いたします。

もくじ

  1. Web改ざん検知とは
  2. Web改ざん検知の方法
  3. Web改ざん検知サービスの選び方
  4. まとめ

Web改ざん検知とは

Web改ざん検知とは、Webサイトを常時監視して不正な改ざんをITシステムによって検知することです。

多くのコンテンツを扱うWebサイトの場合、目視による改ざん監視は非常に困難です。

そこで自動での監視を行なうWeb改ざん検知が必要となります。

Web改ざん検知によって、悪意ある第三者にサーバに不正侵入され、テキストやファイルの改ざんや、マルウェアを仕込まれていないか、Webサイト上の変更が正当なものかどうかを検知します。

Web改ざん検知の方法

Web改ざんを監視する方法としては大きく分けて2つあります。

・WebサーバのOS上での監視

Webサーバのリソースを使うためサーバの負荷が大きくなりますが、リアルタイムで検出することができます。

共有型のWebサーバには使用できず、OSアップデートにより監視システムが影響を受ける可能性があります。

・別サーバからのリモートでの監視

WebサーバのOS上と比べてリアルタイム検出の点では劣りますが、Webサーバのリソースを使わないのでサーバの負荷を抑えることができます。

共有型Webサーバでも使用が可能で、OSアップデートによる影響を受けません。

Web改ざん検知の手法には、パターンマッチ型(ソース解析型)、振舞い分析型、ハッシュリスト比較型、原本比較型があります。

Web改ざん検知サービスの選び方

Web改ざん検知には上述したように、2つの方法と異なる手法があります。

何を基準にしてサービスを選べば良いかわからないときは、以下の3つのポイントをおさえておくとよいでしょう。

・検知のチェック回数

・検知後の対応

・Web改ざん以外の対応範囲

特にチェック回数は多い方がセキュリティ面では安心といえます。

次におすすめのWeb改ざん検知ツールをご紹介いたします。

・サイトパトロールクラウド

Webサイトの改ざんを検出して自動的に修正するリモート監視サービスです。

・DIT Security

改ざん攻撃を瞬時に検知・復旧するウイルス対策・不正アクセス対策システムです。

・SiteLock

診断だけでなくWebサイトに潜むマルウェアなどの脅威を自動で駆除し、復旧作業も行えるソフトウェアです。

◆まとめ

サイバー攻撃から守ってくれるWeb改ざん検知サービスには様々な種類があります。

それぞれの特徴をよく理解して適切な改ざん検知サービスを利用することで、セキュリティ的に強固なWebサイトを運営できるようになります。

採用情報を見る >

?