動画マーケティングの成功パターンとその共通点を紹介

スキルアップ

デジタルマーケティングの手法は日々進化していますが、その中でも昨今注目されているのが「動画マーケティング」です。

ツールを使った技術の発展などから、動画マーケティングに注力する企業は増えてきていますが、そんな中でも企業の動画マーケティングを伸ばしていけるように、成功のパターンやその共通点をご紹介いたします。

  1. 動画マーケティングとは?
  2. 成功する動画マーケティングの共通点
  3. 動画マーケティングで失敗しないためには
  4. まとめ

動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは、映像コンテンツを活用して集客や販売促進を行う手法です。

商品・サービスのブランディング戦略から、購入などのコンバージョンを促進する目的など、さまざまな目的で実施する場合があります。

従来の写真や文字を用いた方法と比べ、映像コンテンツでは膨大な情報量を手軽に届けることができます。動画を使うことで、文字で表現が難しい細かいニュアンスを伝えたり、短時間で商品理解を進めることでユーザーの印象に残りやすくなる、などの効果が期待できます。

成功する動画マーケティングの共通点

1.動画活用の目的、ターゲットが明確である

とりあえず動画の配信を始めてみる、といった風に計画性のない動画の制作は成果に繋がらないことが多いです。成功する動画マーケティングの特徴として「誰に・何を・どうやって」伝えるかを定めていることが多いです。

特に動画の場合は伝えることだけでなく、離脱することも容易なため上記の3点が明確でない場合は、ふわっとした印象を受けてしまうため、ユーザー像をしっかりと定め、配信する媒体に合った構成にして、ユーザーにとって有益な要素をしっかりとどこに持ってくるかを検討する必要があります。

2.配信後に分析とトライ&エラーを繰り返す

配信後に検証を正確に行い、その結果をもって色々なバリエーションを制作して検証の繰り返しを作ることで、そのサービスならではの勝ちパターンを掴んでいることが多いです。

同じ動画でも、アニメーションのパターンを変えたり、時間を短くする、といったバリエーションの検証を行うことで、成果が出やすいパターンが少しずつ把握できるようになります。動画配信後の検証を行なっているかどうかが、成功する鍵とも言えるでしょう。

◆動画マーケティングで失敗しないためには

動画マーケティングで成功するために必要な要素は上で伝えました。失敗しないために必要なことは、上記の2点を継続するための社内体制と言えます。

動画マーケティングで重要になることは、改善を繰り返してコンテンツを増やしていくことです。

動画コンテンツを増やしていく上で、動画制作の外注費や戦略を定めて運用するリソースなどは必ず直面する問題です。

動画編集ツールやサービスなどを上手く使って、問題を解決しましょう。

まとめ

動画マーケティングはまだまだ発展途上の分野です。いま「動画マーケティングの手法がわからない」と感じている方も、ここから伸ばせる可能性がある分野とも言えます。

低コストな動画編集ツールなどを用いながら、しっかりと戦略を検討しつつ、注力していくことが、成功への近道になるでしょう。

採用情報を見る >

?