「Webエンジニア」ってどんな職業?|フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの違い

スキルアップ

WebサイトやWebアプリケーションなどの制作現場で活躍する「Webエンジニア」という職業がありますが、その中でも「フロントエンド」と「バックエンド」に分類されることはご存知でしょうか。

今回はこの2つの違いについて解説いたします。

もくじ

  1. Webエンジニアとは
  2. フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの違い
  3. Webエンジニアの現状
  4. まとめ

Webエンジニアとは

Web上のサービスやアプリケーションなどに関わるエンジニア全体を「Webエンジニア」と呼びます。

具体的には、Webサイトやモバイルサイトなどで使用されるWebアプリケーションの設計・開発・運用・保守や、システムの企画・要件定義、Webサイト制作においてプログラミングなどを行う職業です。

Webエンジニアの中でも、さらにフロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアに分類されます。

フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの違い

  • フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、Web上のサービスやアプリケーションでユーザーが直接目に触れる部分を担当し、HTMLやCSS、JavaScriptなどの言語を使用して、フロントエンド部分を開発します。

その他にも、ユーザーインターフェース(UI)の設計やSEO対策を考慮した設計も行います。

HTMLコーダーやマークアップエンジニアも、フロントエンドに関わる職種です。

  • バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアは、サーバー側の処理などユーザーの目には直接触れない部分を担当しており、「サーバーサイドエンジニア」と呼ばれることもあります。

フロントエンドで入力されたデータの呼び出しなどの処理や実装、データベースの設計・構築、データベースへの保存などを行います。

その他、バックエンドシステムの運用や保守もバックエンドエンジニアの仕事です。

Webエンジニアの現状

IT業界の急激な発展と市場拡大や技術変化のスピード、人材の高齢化などにより、Webエンジニアを含むIT業界は深刻な人材不足だと言われています。

フロントエンドとバックエンドでは領域は違いますが、それぞれが密接に関わり合っており、両方の知識を求められる可能性があります。

フロントエンドでは使用する開発言語やフレームワークなどの技術、コーディングスキルが必要となり、バックエンドではAPIの実装方法やデータベースの知識などのスキルが求められます。

◆まとめ

フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアは担当する領域が異なります。

しかしIT業界の人材不足の問題もあり、フロントエンドとバックエンドの両方の仕事を求められることもあります。

エンジニアとしてのキャリアアップのためにも、フロントエンドとバックエンド、2つの知識を身に付けることが大切です。

採用情報を見る >

?