【SNS広告】Facebookを使ったリターゲティング広告方法とは?

スキルアップ

Webサイトを運営する上で、広告による収益化は重要視される目的ではないでしょうか。

広告からなるべく多くの人に購買してもらいたいと考える運営の担当の方も多いかと思います。

今回は広告による収益化においてとても有効な手法、Facebookを使った「リターゲティング広告」について解説いたします。

もくじ

  1. リターゲティング広告とは
  2. リターゲティング広告のメリット
  3. Facebook広告でリターゲティングを行う方法
  4. まとめ

リターゲティング広告とは

リターゲティング広告とは、前提としてまず、対象の広告に何らかのアクションにより触れているユーザーを対象にしているものです。

リターゲティングの主な戦術は、Webサイトに一度でも訪れたことがあるユーザーに再び来てもらうためリターゲットすることです。

Facebookを使ったリターゲティング広告であれば、Facebook上で動画の視聴履歴やアプリの使用履歴などから関わりのある顧客をリターゲットします。

リターゲティング広告のメリット

見込み客へ再アプローチができる

一度サイトに訪れはしたが、購入には至っていないというユーザーに対して再訪してもらうきっかけとして有効です。

しかし繰り返し配信してしまうと、かえって逆効果となる場合があるので配信頻度には注意が必要です。

コンバージョン率が高い

リターゲティング広告では、ユーザーが初見ではなく一度目に触れたことのあるものが広告に表示されます。

ユーザーが少なからず興味を持っている広告のため、購買意欲をより刺激することができます。

そのためリターゲティング広告のコンバージョン率は高い傾向があります。

ターゲットリストを活用した配信ができる

ユーザーの訪問履歴をサイトURLや任意の条件によってグルーピングできる機能を使って、ターゲットリストを活用した配信ができます。

Facebook広告でリターゲティングを行う方法

まず、Facebook広告マネージャーにログインし、オーディエンスの設定を行います。

オーディエンスの設定が完了したら、次にピクセルの設定を行います。

ピクセルの設定後、訪問者データの計測が完了すると作成したオーディエンスのステータスが「利用可能」になり、広告に利用できるようになります。

◆まとめ

リターゲティング広告はFacebookととても相性が良く、購買意欲のあるユーザーにアプローチをするのに非常に有効な広告の手法です。

広告による収益化を伸ばしたいとお考えがあればぜひ活用してみてください。

採用情報を見る >

?