第四次産業革命とは?今さら聞けない、その影響と未来の仕事の変化

スキルアップビジネス関連

技術の進歩は人類の歴史に大きな影響を与えてきました。現在、私たちはテクノロジーが再び大きな変革を迎えている時代に生きています。これを「第四次産業革命」と呼びます。この記事では、第四次産業革命とは何か、そしてそれが私たちの生活にどのように影響を与えるのかを説明します。

もくじ

  1. 第四次産業革命とは?
  2. 私たちの生活や仕事はこれからどう変わっていくのか?
  3. 今後も働き続けるためには?
  4. まとめ

第四次産業革命とは?

現代の技術の進歩は「第四次産業革命」とも呼ばれていますが、その前に産業革命の歴史を振り返ってみましょう。

第一次産業革命~第三次産業革命

18世紀ごろに始まった第一次産業革命では、蒸気機関が発達し、自動化が進みました。これにより、機織りなどの生産が簡単になりました。

19世紀後半の第二次産業革命では、電力と重化学工業が発展し、機械製品の大量生産が可能になりました。特に自動車の発達は、人々の移動手段を劇的に変えました。

20世紀後半の第三次産業革命では、コンピューターと通信技術が発展し、情報化社会が到来しました。携帯電話やスマートフォンの普及、そしてインターネットの一般化が見られました。

第四次産業革命

第四次産業革命によって、通信技術の進化、AI(人工知能)やデータ解析の発展が進み、IoT(モノのインターネット)などの高度情報社会が現実のものとなりました。これにより、多くの業務や日常生活が飛躍的に自動化・高速化されると予測されています。

◆私たちの生活や仕事はこれからどう変わっていくのか?

第四次産業革命は私たちの生活を向上させる一方で、職業の形態も大きく変えています。2020年の世界経済フォーラムによると、8000万件の仕事が消失する一方、9700万件の新たな仕事が生まれると予測されています。

この変革の中で、どの仕事が残り、消え、新たに生まれるのでしょうか。

単純な作業と専門職が将来なくなると予測されている

第四次産業革命の影響で消える仕事には、単純作業や専門的判断を要する職種があります。例えば、事務作業やコールセンター業務はAIやロボットに置き換えられやすく、自動コールセンターや配膳ロボットの導入が進んでいます。

さらに、医師や弁護士の仕事も、ビッグデータ解析によるAIの精度向上で影響を受けるとされています。

続いている職業・新しくできる職業

第四次産業革命で新しい職業が多く生まれると言われています。

特に、クリエイティブ産業や文化に関わる職業は需要が続くと予想されています。スキルやセンスを磨けば稼ぐことができます。また、人とのコミュニケーションが必要な職業も続くでしょう。AIが代替しにくいからです。

さらに、テクノロジーを使う仕事の需要も増えています。AIはツールであり、使いこなす人が必要です。技術の進化で簡単に使えるようになりましたが、対応できる人材は不足しています。

◆今後も働き続けるためには?

事務職や飲食業など、将来なくなる可能性があると言われている職業に就いていることでキャリアに不安がある場合は、リスキリングを検討することをおすすめします。リスキリングとは、新しいスキルを習得することです。政府は2022年10月に、5年間で1兆円を投資する方針を示し、このリスキリングが注目を集めています。今、新しいスキルを身につけ、需要が増しているIT産業などの分野へ転職することは賢明な選択と言えるでしょう。

◆まとめ

今回は第四次産業革命についてお話ししました。技術が日々進歩する中で、私たちに求められるのは、その技術に適応し、効果的に活用する力です。多くの仕事が失われると予測される一方で、生き残るためには必要なスキルを習得する努力が必要です。

採用情報を見る >