ユーザーへのタッチポイントを意識した「ファネルマーケティング」の手法について解説

スキルアップ

Webを活用してマーケティングをしていくなかで、この資料・説明文は「誰に対してどう説明するべきなのか」と迷った経験がある方は多いのではないでしょうか。

今回は、「ファネル」の基本的な概念と、「ファネルマーケティング」において重要になってくるポイントを解説いたします。

  1. ファネルマーケティングとは
  2. 一般的なファネル構造
  3. ファネルマーケティングの手順
  4. まとめ

ファネルマーケティングとは

ファネルマーケティングとは、最初にユーザーが商品・サービスに接触する段階から、購入するまでのプロセスを把握し、そのフェーズに沿った施策を展開するマーケティング手法の一つです。

それぞれのフェーズは「ファネル構造」と呼ばれる構造で表されます。ファネルマーケティングでは、自社の商品・サービスにおけるファネル構造を正確に捉えて、どのように消費者とタッチポイントをとって、どのように見込み顧客にアプローチするのかが重要になります。

一般的なファネル構造

一般的にファネル構造は「潜在層・見込み層・検討層」という3フェーズに分けることができ、見込み顧客の角度が高くなるほど人数が少なくなることから、その構造を図にすると逆三角形のような図になります。

ここでは、それぞれのフェーズがどういう状態なのか、そしてどういったタッチポイントがあるのかを紹介します。

1.潜在層

潜在層はそもそもあなたの商品・サービスを知らない、または関心が低い層を指します。「まず知ってもらう」「少しでも興味をもってもらう」という認知領域が重要になる段階です。

マス広告やチラシ配りなど、より多くのユーザーにアプローチすることがこのフェーズのタッチポイントとしては有効です。

2.見込み層

見込み層は、あなたの商品・サービスに対して興味関心を持ち始め、関心が高まっている層を指します。

商品やサービスに初めて興味を持ち、情報を収集し始める段階です。

LPを用意してWeb広告でターゲティングするなど、理解を深めて購入までのストーリーをイメージしてもらう施策が有効です。

3.検討層

検討層は明確にニーズを持ったユーザーであり、購入への角度が最も高い層を指します。

自主的に情報収集を行い、比較検討を行っている段階です。

自主的に検索行動を行なっているユーザーが対象であるため、SEOやリスティング広告での検索面にWebサイトを表示することが有効な施策です。

ファネルマーケティングの手順

効果的なファネルマーケティングの施策を行うためには、以下の3ステップで行うことが重要です。

1.ターゲットを把握する

それぞれのフェーズにおけるユーザーの心理や行動を理解することで、ユーザーが購入に至るまでのストーリーを整理します。

2.タッチポイントを選定

整理したストーリーを元に、各フェーズのユーザーに対してどのタッチポイントで情報を与えるのかを選び、選んだタッチポイントに対してどの情報を提供することが、ユーザーの興味・ニーズに対応できるのかを検討します。

3.コンバージョンの最適化

ファネルマーケティングは、ユーザーのタッチポイントから購入に至るまでのコンバージョン率を向上することが目的です。一度設定して終わりではなく、各フェーズでの通過率を確認しながら、フェーズごとに最も魅力的な商品・サービスの情報提供や、施策を行います。

まとめ

全く同じ一つの情報だけで全てのユーザーにアプローチするのではなく、ユーザーの検討の深度によってアプローチの方法と内容を変えていくことは、ユーザーが購入するまでのストーリーの手助けになります。ファネル構造を意識して施策を検討するファネルマーケティングで、あなたの集客施策を加速させてみてください。

採用情報を見る >

?