【Web担当者向け】Google広告を運用する際の注意点とは?|アカウントを停止される理由や解決法をご紹介

スキルアップ

比較的低予算で広告をGoogleの検索結果などに掲載できる「Google広告」は、非常に多くの企業で利用されています。

しかし、思っていた効果が出なかったりなどの理由からGoogle広告を停止したり、Google側から強制的に停止される場合もあります。

今回はGoogle広告の注意点やアカウント停止の際の解決法についてご紹介いたします。

もくじ

  1. Google広告とは
  2. Google広告のアカウントを停止した場合の注意点
  3. Google広告が強制停止されたときの注意点と解決法
  4. まとめ

Google広告とは

Googleが提供しているオンライン広告のことで、自社ブランドや商品などに関連したキーワードを検索するユーザーと興味を持っているユーザーなどに広告を表示することができます。

Google広告は、検索キーワードに応じて掲載される「リスティング広告」、Googleが運営するサービスに広告が表示される「ディスプレイ広告(GDN)」、YouTubeの動画内に広告を流す「YouTube広告」があります。

Google広告のアカウントを停止した場合の注意点

自らGoogle広告のアカウントを停止した際、費用の残高がある場合は4週間以内に払い戻しが行われます。

逆に広告掲載期間中で費用が発生していた場合は、アカウントを停止しても費用を支払う必要があります。

Google広告が強制停止されたときの注意点と解決法

Google広告では、突然Google側からアカウントを強制的に停止されてしまうことがあります。

強制停止されてしまう原因として挙げられるのは、「禁止コンテンツの掲載」や、「禁止手法の使用」、「制限付きのコンテンツや編集基準」、「技術要件を満たしていないコンテンツの掲載」、「支払いの滞納」などです。

Google広告は細かい広告ポリシーを設けているので、広告を掲載する前にGoogel広告のポリシーに目を通しておくといいでしょう。

それでもGoogle広告アカウントが強制的に停止されてしまった場合には、まず強制停止になった違反箇所を究明し、その部分を修正します。

もし違反箇所がわからない場合はGoogleのサポート窓口から確認をすることも可能です。

違反箇所の修正が終わったら、「再審査請求」のリンクから再審査の申請を行ってみましょう。

◆まとめ

多くの企業で利用されている「Google広告」ですが細かい広告ポリシーを設けており、違反した場合にはGoogle広告アカウントが強制的に停止されることもあります。

広告を出稿する前によく広告のポリシーに目を通して確認しましょう。

採用情報を見る >

?