Google広告の内容変更を効率化できる!「Google広告エディター」とは?

ツール

様々な企業が利用しているインターネット広告ですが、その中でもGoogle広告エディターを使ってGoogle広告を利用している企業が非常に多いです。

そこで今回は、Google広告エディターについて詳しくご紹介いたします。

もくじ

  1. Google広告エディターとは
  2. Google広告エディターでできること
  3. Google広告エディターで利用できる広告の種類
  4. まとめ

Google広告エディターとは

Google広告エディターとは、Googleが提供しているGoogle広告キャンペーンを管理するアプリケーションのことです。

こちらのURLから誰でも無料でダウンロードすることができます。

https://ads.google.com/home/tools/ads-editor/

Google広告とは、Googleが提供している「Googleリスティング広告」「Googleディスプレイ広告」「Google動画広告」などの広告サービスを指します。

インターネット広告において最も多くの人が利用しているサービスですが、Google広告エディターを使ってこれらの広告を管理することができます。

Google広告エディターでできること

Google広告エディターは、一括編集で内容の変更、修正、削除などの作業をできる点が強みです。

その他にも以下のようなことができます。

  • キャンペーン、広告グループ、広告、キーワードなどの追加や編集、削除
  • キャンペーンのパフォーマンスの確認
  • 複数アカウントを管理できる
  • オフライン環境でキャンペーンの編集が可能
  • CSVを使ってキャンペーンをインポート
  • URLを一括で変更

Google広告エディターで利用できる広告の種類

  • 文字のみの「テキスト広告」
  • 画像などを使った「イメージ広告」
  • ビルダーで作成した「ディスプレイ広告」
  • 検索連動型の「動的検索広告」
  • 検索画面に商品の画像、名称、価格、店舗名や会社名などを表示する「商品ショッピング広告」
  • YouTubeなどの「動画広告」
  • 指定したキーワードと連動し、YouTubeなどに自動で動画が表示される「プロモート動画広告」
  • 電話発信が可能なデバイスにのみ表示される「電話専用広告」
  • Googleアナリティクスのパラメータをつけて、Googleアナリティクスと連携する広告パラメータを使用した広告
  • スマホなどのモバイル端末でGoogleの関連サイトに表示される「アプリ訴求広告」

◆まとめ

インターネット広告を運用するなら、一括編集などの様々な機能があり、多くの広告を出稿する際にも非常に便利なGoogle広告エディターがおすすめです。

シンプルでわかりやすい画面なので、操作も簡単です。

ぜひGoogle広告エディターを使って広告運用を効率化していきましょう。

採用情報を見る >

?