SEOに重要な外部リンクを解説!外部リンクの対策・獲得の方法とは?

スキルアップ

SEO対策の中でも対応必須となっている外部リンク。その重要性と対策、さらに外部リンクの獲得方法を解説いたします。

この記事では、外部リンクの持つ役割、時代によって変化するSEOへの効果とその重要性を紹介いたします。

  1. 外部リンクって何?
  2. 外部リンクの重要性
  3. 外部リンクへの対策
  4. まとめ

◆外部リンクって何?

・「内部リンク」と「外部リンク」について

Webサイトにおいてのリンクは、「内部リンク」と「外部リンク」の2種類に分けられます。内部リンクはサイトの中で自分のサイトのリンクを貼っているものを指し、外部リンクは他のサイトから、自分のサイトへのリンクが貼ってあるものを指します。

内部リンクについては自分のサイト内で完結するため最適化が比較的容易ですが、外部リンクは自分のサイトが他のサイトの参照元であったり、参考文献として扱われる必要があるため、獲得することが難しいものです。

外部リンクが重要とされる歴史

外部リンクは上記の通り獲得の難易度が高いものだからこそ、2014年ごろまではGoogleなどの検索エンジンにおける外部リンクの重要性は非常に高くなっており、「SEO対策」=「外部リンクの作成」であるという意見も多くありました。

しかし、Googleのアルゴリズムが外部リンクを最重要視していると知れ渡ると、自動生成したリンクを多数のブロガーが企業サイトのリンクを貼る、といった、外部リンク対策が多く見られるようになりました。その結果、低品質なリンクや自動生成のリンクなどを増やすことで検索エンジンの上位表示を獲得する、という手段が増え、ユーザーにとって本当に有益な情報が書かれているサイトが上位表示されない、という状況になっておりました。

Googleはその後アルゴリズムのアップデートを行い、低品質なリンクや自動生成されたリンクなどを一斉削除し、アルゴリズムが変更されました。この変更により、外部リンクが最重要視される状況はなくなり、SEO対策はWebサイトにおいて、より本質を求めてコンテンツ作成をして、検索エンジンの上位で表示されることを狙うことが重要になっていきました。

外部リンクの重要性

現在のアルゴリズムでは外部リンクは最重要な指標ではなくなりました。しかし現在でも外部リンクはSEO効果を持つとされています。

Googleが公開している、品質に関するガイドラインを参考に、現在のアルゴリズムにおける外部リンクの重要性を紹介いたします。

サイト検索結果においてランキングに悪影響を与える可能性のあるリンクプログラムには、次のようなものがあります。

①PageRankを転送するリンクの売買。これには次のものが含まれます。
・リンク自体やリンクを含む投稿に関して金銭をやり取りする
・リンクに関して物品やサービスをやり取りする
・特定の商品について記載しリンクを設定してもらうのと引き換えにその商品を「料金なし」で送る

②過剰相互リンク(「リンクする代わりにリンクしてもらう」)や、相互リンクのみを目的としてパートナーページを作成すること。

引用:リンクプログラム

つまり、低品質なリンクは検索結果に悪い影響を与え、逆に上記に該当しない高品質なWebサイトからの外部リンクは、検索結果に対して良い影響を与えると考えられます。

外部リンクの重要度、優先順位はGoogleの解説文からは明言されていませんが、低品質な外部リンクによってWebサイトがペナルティを受けることがあるため、高品質な外部リンクは今後も大きなSEO効果を持つ、という見解もあります。

外部リンクへの対策

高品質な外部リンクは、現在のSEO対策の上でも重要ということがわかりました。

それでは、高品質な外部リンクを獲得するために何をする必要があるのでしょうか。外部リンクの対策の方法を紹介します。

 ・悪いリンクの見極め方

先ほどの通り、外部リンクの中には検索結果に悪影響を及ぼす外部リンクがあると紹介しました。スパムと判定されているWebサイトから外部リンクを獲得していた場合、それが意図的でなくても、ペナルティを受ける可能性があります。

そのような悪質な外部リンク・低品質な外部リンクはGoogle Search Consoleで否認を行い、アルゴリズムに認識させる必要があります。

Google Search Consoleを開き、左のメニューから「リンク」をクリックすることで、外部リンクを確認することができます。リンクの一覧を確認して、同じくGoogle Search Consoleにあるリンク否認ツールを使い、悪質な外部リンクを否認ができます。

 ・外部リンク獲得の方法

外部リンクを獲得するための大前提として、Webページの情報が有益であり信用できる内容でないと外部リンクは獲得できません。

また、サイトのオーナーは自分のサイトに外部リンクを設置することで、ユーザーが離脱するリスクがありますが、それを考慮した上で自分のサイトの信用性を高めるため、参考元となる外部リンクを設置します。

なので、外部リンクを獲得するためには、あなたのサイトが有益な情報が多く信用できるサイトであることが必要なため、良質なコンテンツを作成する必要があります。

 ・SNSでのセッションについて

外部リンクに関する疑問として最も多いものが、「SNSからのシェアは外部リンクとして認識されるのか?」というものです。

その答えとして、SNSからのリンクはnofollow属性が付いているため、SNSでのシェアは外部リンクとして認識されません。SNSで記事のURLが拡散されたとしても、そのリンクは外部リンクに含みません。

しかし、SNSでの施策は比較的早くセッションを集めることができるため、自然検索での流入が少ないWebサイトにおけるSEO施策としては有効な手段です。

SNSでの拡散でセッションを集めることで自分のサイトのファンを作り、そのファン自身のサイトでリンクを貼ってもらうことが、短時間でも外部リンクを獲得できる最適な方法です。

しかし上記であった通り、SNS施策で外部リンクを獲得する際に、ユーザーにとってWebページに書かれている情報が有益でないと、ユーザーがファンになることや、外部リンクを設置してもらえることはなくなります。なので、高品質なコンテンツを自分のサイト内に増やすことが、外部リンクの獲得において最重要なポイントです。

◆まとめ

外部リンクのもつ役割と、時代によって変化する効果とその重要性、外部リンクを獲得する方法を紹介しました。

SEO対策において外部リンクは、以前のように最重要ではなくなったものの、現在でも確実に効果をもつものになっていることは事実です。

また、外部リンクの品質によってはWebサイトに悪影響を及ぼす可能性もあるため、まずはWebサイト内で良質なコンテンツを作成して、自然検索やSNSの運用などによってファンを増やすことで、外部リンクを獲得することを目指す必要があります。

採用情報を見る >

?