今さら聞けない!「IPアドレス」とは?| 確認方法やURLとの違いまとめ

スキルアップ

「IPアドレス」という単語を耳にしたことがあるかと思います。聞いたことはあるけれど実は「IPアドレス」がどういう物なのかただしく理解していない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「IPアドレス」について解説いたします。

もくじ

  1. IPアドレスとは
  2. IPアドレスとURLの違い
  3. IPアドレスの確認方法
  4. まとめ

◆IPアドレスとは

IPアドレスとは「Internet Protocol Address」のことで、インターネット上に接続されている機器が個々に持つナンバーのことを指します。簡単に言うと、ネットワーク上の住所のような役割になります。

IPアドレスは「123.456.7.89」のような数字の羅列で、32ビット(桁)の2進数で表されていますが、そのままではわかりづらいので8ビット毎に「.(ドット)」で区切られています。それらの数字は10進数表記で表されそれぞれの値は0~255まであります。

PCやスマートフォンなどの端末を購入した際には、ブラウザと契約した時に自動的にIPアドレスが付与されます。また、サーバーが開設された時にも自動的に付与されます。

◆IPアドレスとURLの違い

同じように、ネットワーク上の住所と説明されるものの中に「URL」があります。

URLは人が文字列として理解できるような構造になっています。一方IPアドレスは、PCが操作しやすいように二進法のプログラミング言語で表されます。

住所に例えるとURLは「東京都○○区〇番町11-1」のような人がみてわかる表示で、IPアドレスは緯度と経度を数字で表示するような認識です。

URLとIPアドレスのどちらかを入力すれば特定のホームページを表示させることが可能です。

IPアドレスの確認方法

それでは端末のIPアドレスを調べるにはどうすればよいのでしょうか。

IPアドレスの確認方法は、無料で提供されているサービスを使って簡単に確認することができます。

【CMAN.jp】

 https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

上記にアクセスすることで現在使用している機器のIPアドレスを確認することができます。

◆まとめ

ネットワーク上の住所のような役割を担っているIPアドレスは、簡単に確認することができます。IPアドレスの仕組みを理解することでアクセス解析がどのように行われているのか理解するヒントにもなります。

この機会にIPアドレスの役割について今一度見直してみましょう。

採用情報を見る >

?