ホームページ運用で役に立つ「リーンスタートアップ」とは?

スキルアップ

フリーランスや起業家という働き方が増えつつある中、注目が集まっている「リーンスタートアップ」という言葉はご存じでしょうか。聞いたことはあるけど、その意味は実はよく分かっていないという方も少なくないと思います。

そこで今回は「リーンスタートアップ」についてご紹介します。

もくじ

  1. リーンスタートアップとは
  2. トヨタ生産方式(リーン生産方式)
  3. リーンスタートアップのサイクル
  4. リーンスタートアップで気を付ける点
  5. まとめ

◆リーンスタートアップとは

ホームページの運用をしていると、様々な改善すべき課題が出てきます。他の業務もこなさなくてはならない中で、課題をどのようにして効率的に改善するべきか壁にぶつかるときも多々あります。

そんな時に役立つ手法がリーンスタートアップです。

リーンスタートアップとは、仮説を立てた上でまず小さな規模のプロジェクトを立ち上げて効果検証を行いながら改善していく手法のことです。無駄を徹底的に排除しながら効率性に焦点を当てた革新的なサービスやプロダクトを意味します。

◆トヨタ生産方式(リーン生産方式)

リーンスタートアップは、トヨタ自動車株式会社が生み出した生産管理システム「トヨタ生産方式(リーン生産方式)」に基づいており、トヨタ生産方式の根底にある思想は「ムダの徹底的排除」で、「ジャスト・イン・タイム」と「自働化」の2つの考え方が柱となり確立されています。

リーンスタートアップのサイクル

リーンスタートアップは、構築→計測→学習のサイクルで進められます。

構築

まず課題と解決法に関しての仮説を立て、できるだけ小規模のプロジェクトを組み立てます。

計測

組み立てたプロジェクトで実際に顧客の反応や効果を計測し、立てた仮説が正しかったのかどうか、原因追及などを行います。

学習

先ほどの計測の結果から、具体的な改善点を探り、早い段階でリスクを把握して軌道を修正していきます。

◆リーンスタートアップで気を付ける点

・具体的にホームページの仕様変更を行うときは、最小限の範囲を最短時間で行うようにします。

・失敗してもいいように初期費用はなるべく抑えるようにします。

・実行中に修正が必要になってくることもあるため、極力時間をかけずに改善しながら再度実行に移せるような柔軟な対応が必要となります。

◆まとめ

ホームページの運用で改善すべき問題が出てきたときには、問題解決のための仮説を立てて小さい規模の施策から実行し結果を分析していくことが重要となります。

リーンスタートアップの手法を活用し、構築→計測→学習を繰り返し行いながら問題点の改善につなげていきましょう。

採用情報を見る >

?