LINE広告とは?特徴・強みをご紹介!

スキルアップ

日本最大級のユーザー数を誇るSNSで、その月間利用者数は9,000万人を超える「LINE」。そのLINEで配信できる運用型広告、LINE広告をご存知でしょうか。LINE広告とは、名前の通りLINEユーザーをターゲットにした広告を配信するサービスです。

今回はLINE広告について、特徴・強みを紹介します。

もくじ

  1. 幅広い層にアプローチできる
  2. 豊富に用意されている配信先
  3. 価格はオークション形式
  4. まとめ

◆幅広い層にアプローチできる

まず何と言ってもLINEはSNSの中でも利用者数の多さ、年齢層の幅広さが圧倒的です。今や日本の人口の70%以上が利用していると言われいます。その幅広い層へアプローチできるのがLINE広告の特徴であり、導入を検討している企業も多くなっています。

ただ、幅広い層へアプローチできるという強みによってか、掲載内容の審査が厳しい傾向があります。他の配信媒体でOKだとしても、LINE広告だとNGになってしまうこともあります。掲載したい自社広告がLINE広告で配信できるかは、事前に確認しておきましょう。

◆豊富に用意されている配信先

LINE広告には配信先が豊富に用意されています。LINE広告には以下の配信先があります。

  • トークリスト:LINEのトーク画面
  • LINE NEWS:ニュース配信サービス
  • LINE BLOG:ブログコミュニティのサービス
  • LINE VOOM:動画コンテンツサービス
  • LINEマンガ:マンガ配信サービス
  • LINEチラシ:デジタルチラシサービス
  • LINEクーポン:デジタルクーポンサービス
  • LINEマイカード:ポイントカードや会員証を管理するサービス
  • LINEショッピング:アプリ上でショッピングができるECサービス
  • LINEポイントクラブ:指定された条件をクリアすることでポイントを貰えるサービス
  • ウォレット:「LINE Pay」などのモバイル決済・送金サービス

LINEで利用機会が多くアクティブ率が高い「トークリスト」や、ニュース配信サービスの「LINE NEWS」、マンガ配信サービスの「LINEマンガ」など、LINEに関連する各種サービスに広告を配信することができます。

また、「クックパッド」や「ウェザーニュース」など、外部アプリへの広告配信ができる「LINE広告ネットワーク」も利用可能です。LINE広告のターゲティング機能や配信機能を、外部アプリへの広告配信でも利用できるため、より幅広い層へのリーチを期待できます。

◆価格はオークション形式

LINE広告の運用型広告はオンラインで申し込みができ、広告枠の価格はオークション形式となっています。

入札は自動入札を活用することができるので、手軽に始められ、予算に合わせた運用をすることが可能です。

◆まとめ

年齢や性別を問わず幅広いユーザーに対してアプローチができるLINE広告。

利用者数が多く、さらにアクティブ率も高いため、広告の配信先としてはとても魅力的なメディアサービスです。運用型広告の利用を考えている場合は、他のメディアを上回るアプローチ力と豊富な配信先を持つLINE広告を検討してみてはいかがでしょうか。

採用情報を見る >

?