【Web担当者向け】「リスティング広告」の特徴やメリット・デメリットまとめ

スキルアップ

Web広告にはいくつも種類がありますが、今回はその中でも知名度の高い「リスティング広告」について、詳しくご紹介いたします。

もくじ

  1. リスティング広告とは
  2. リスティング広告のメリット
  3. リスティング広告のデメリット
  4. まとめ

◆リスティング広告とは

リスティング広告とは、YahooやGoogleなどの検索エンジンの検索結果に表示される広告のことです。

検索結果にユーザーが検索したキーワードに連動して広告が掲載され、広告がクリックされると費用が発生します。検索連動型広告(検索広告)やPPCとも呼ばれ、日本ではYahoo!広告やGoogle広告が有名です。

◆リスティング広告のメリット

・少ない費用で始められる

リスティング広告は、広告をクリックされると費用が発生します。クリックされなければお金が発生しないので固定でかかる掲載料もなく、少ない費用で始められます。

・すぐに配信開始できる

リスティング広告は、配信開始日や停止の手続を簡単に行うことができるので、状況に応じた対応をすることができます。

リスティング広告のデメリット

・競合が多いキーワードは費用が高額になる

リスティング広告は入札制になっており、コンバージョン率が高く人気のキーワードを狙う場合は単価が高額になる場合があります。

・運用に手間と時間がかかる

リスティング広告は運用型広告なので、管理画面の操作方法や入札基準に理解のある人員が必要になりメンテナンスも必要となります。運用するにあたり、手間と時間や場合によっては人件費もかかります。

◆まとめ

リスティング広告は少ない費用ですぐに始められるWeb広告で、多くの企業が活用しています。リスティング広告のメリットやデメリットをきちんと理解し、運用代理店へ広告運用を委託するのも一つの方法です。

まだリスティング広告を出稿していない場合はこの機会にぜひ出稿してみてはいかがでしょうか。

採用情報を見る >

?