【Web担当者向け】リスティング広告のコツをプロが伝授!失敗しない代理店の選び方

スキルアップ

多くの企業が利用しているリスティング広告ですが、非常に高い広告効果を期待することができます。

しかし運用にはコツが必要なこともあり、思ったように成果を出せずに悩んでいる企業も少なくありません。

そこで今回はリスティング広告のコツについてご紹介いたします。

もくじ

  1. リスティング広告のメリット
  2. リスティング広告の運用方法
  3. リスティング広告代理店の選び方のポイント
  4. まとめ

リスティング広告のメリット

  • 低予算でできる
    リスティング広告は自分で予算を決められるため、決められた広告枠ごとに金額が設定されている一般的な広告に比べて低予算で始めることが出来ます。
  • 短期間で結果を出せる
    すでにニーズが顕在化している層に広告を届けられ、コンバージョンにつながりやすい問い合わせや購入ボタンなどのリンクが設定されているので、短期間で結果を出すことができます。

リスティング広告の運用方法

  • 自社で運用する
    自社でリスティング広告を出稿して運用する方法です。
    外注費がかからないのでコストを抑えることができ、PDCAサイクルを早く回し、スピーディーに広告を作成・編集・出稿することができます。
    しかし、専門知識のある担当者がいない場合、データを見ても最適な改善方法がわからなかったり、効果的な運用ができないこともあります。
  • 他社に委託する
    リスティング広告のノウハウを持っている広告代理店などに委託する方法です。
    外注費が発生するので毎月コストがかかります。
    広告代理店とその都度コミュニケーションを取りながら調整する必要がありますが、専門知識のない自社メンバーが運用するよりも、専門知識がある広告代理店に委託したほうが高い広告効果を見込むことができます。

リスティング広告代理店の選び方のポイント

  • 自社と同じ業界・業種・類似サービスの実績があるかどうかを確認する。
  • 実際に運用したデータなど、広告運用担当者が持っている情報を反映させた報告をもらえるかどうかを確認する。
  • 営業担当者と運用担当者がちゃんと連携が取れているかを確認する。
  • 「全体レポート・キャンペーンレポート」「キーワードレポート」「広告レポート」などのレポーティングがサービスとして提供されるのかどうかを確認する。
  • 一般的に広告の運用手数料の業界相場は20%なので、相場を基準に運用手数料が適正なのかを判断する。

◆まとめ

リスティング広告の成果を出す為に、広告代理店を活用することは有効な手段です。

自社で運用するよりも高い広告効果を見込むことができます。

そのためには、信頼できる広告代理店を選ぶことが大切です。

良い成果を出す為に、広告代理店の選び方を改めて確認してみましょう。

採用情報を見る >

?