SEO担当者必見!ロングテールキーワードへの対策にとっておきのツールを紹介

スキルアップ

WEBサイトを運営する上で、SEO(検索エンジン最適化)は非常に重要な集客課題です。その中でも、求人や不動産といった大規模なデータベース系のロングテールキーワードのSEO対策を解説します。

  1. ロングテールキーワードとは
  2. データベース系のサイトが抱える課題
  3. 課題の解決をサポートしてくれる「キーワードマッチ」
  4. まとめ

ロングテールキーワードとは

ロングテールキーワードとは、検索される数が少ないもののニッチな情報を求めている検索キーワードを指します。

「居酒屋」「バイト」といった検索ボリュームが多いものをビッグキーワードと言います。ビッグキーワードは大手企業などをはじめとした競合が多く、上位表示を狙うのが難しいキーワードです。一方でロングテールキーワードはボリュームは少ないものの、競合が少ないため上位表示を獲得しやすいキーワードです。

また、ロングテールキーワードはニッチな情報が故にユーザーニーズとマッチしやすく、CVR(コンバージョン率)が上がりやすいキーワードです。このロングテールキーワードを中心に集客を加速するためには、より多くのキーワード対策が必要です。

こういった背景から、ロングテールキーワードの対策が向いているのは「データベース系のWebサイト」であると言われています。

「データベース系のWebサイト」とは、人材・不動産・通販・中古車などの検索サイトや、動画・ニュースなどのコンテンツサイトを指します。

データベース系のサイトが抱える課題

データベース系のサイトにおいて、よくある課題として以下のものが挙げられます。

キーワード量が膨大で対策が行き詰まっている

データベース系のWebサイトでは、掲載するコンテンツの数が膨大なため対応するロングテールキーワードが多いです。そして効率的にWebマーケティングを行うためには、CVRの高いロングテールキーワードは対応必須です。

結果、ロングテールキーワードの再策に追われると、全体的なSEO対策であったり戦略の部分に着手できない、という事態になりがちです。

重複・低品質なページに対しての対応ができない

タイトルだけが違い、中身はほとんど同じページである「重複ページ」・内容が薄い「低品質ページ」のようなページはGoogleからの評価が低く、そういったページが多いほどサイト全体の評価が低くなります。

未対応のロングテールキーワードを対応していくと、こういった評価の低いページを対応することが後回しになり、結果対応できていないまま、という事態もよく起きます。

課題の解決をサポートしてくれる「キーワードマッチ」

ロングテールキーワードの対策における様々な課題を解決するため、サポートしてくれるツールの一つとして「キーワードマッチ」というものがあります。このキーワードマッチができることは以下の3つです。

・ロングテールキーワードに対して、対策ページを1ページずつ作成

・重複・低品質のチェックを自動で実施

・ロングテール対策を自動化することによる工数削減

キーワードマッチを活用することで、人的コストを抑えながら、コンテンツの生成を進められます。単語の掛け合わせなども含めて、何万・何十万といったページを生成することもできます。

まとめ

CVに直結しやすいロングテールキーワードは、Webからの集客を増やすためには対策必須です。

ユーザーニーズを的確に読み取って、ニーズに応えるコンテンツを作りCVに繋げなければなりません。

膨大なロングテールキーワードを漏れなく対策するためには、「キーワードマッチ」のような便利なツールを使い、効率的に対策をしていくことが大切です。

コンテンツの生成を自動化して、削減したリソースでSEO全体の戦略を立てたり、コンテンツの質を高めていく施策に充てることで、集客をより加速させてみてはいかがでしょうか。

採用情報を見る >

?