メールナーチャリングとは?主な手法や重要なポイントをご紹介!

スキルアップ

メールナーチャリングは、見込み客との接点や関係構築において活用されているものであり、低コストかつ少人数で始められるため、企業のマーケティング担当者から注目されています。

しかし、「これまで経験がない」「何から始めれば良いか分からない」という疑問が生じるかもしれません。

今回は、メールナーチャリングの基本的な概念や手法などについて紹介していきます。

もくじ

  1. メールナーチャリングとは
  2. メールナーチャリングの主な手法
  3. メールナーチャリングで重要なこと
  4. まとめ

メールナーチャリングとは

メールナーチャリングは、メルマガやサンクスメールを活用して見込み客の育成を進める戦略です。

多くの見込み客との接点を持つことが可能なため、効果的に見込み客の興味を高めることが期待できます。

メールナーチャリングにかかるコストは、メール配信サービスの利用料と担当者の人件費ぐらいであり、比較的に低コストで取り組めるのが利点です。

 

メールナーチャリングの役割は、企業や個人が課題を抱えた際に、自社が「第一に思い浮かぶ存在」となるような接点や関係を構築することにあります。

近年はインターネットの普及により、見込み客が自発的に情報を収集する傾向が強まっています。

この状況下で競合に勝つためには、自社の強みなどをメッセージで持続的に伝え、見込み客に自社を第一に思い浮かべさせることが鍵です。

◆メールナーチャリングの主な手法

ここでは、メールナーチャリングの主な手法を紹介します。

メルマガ

メールマーケティングは、リードや登録者に対して定期的な情報発信を行う方法です。定期購読型で大量のリードに対し、有益な情報提供を通じて顧客の獲得を図ります。

ただし、配信頻度が多すぎると配信停止リスクがあるため、他の手法とあわせながら活用しましょう。

セグメントメール

見込み客を条件別に分類し、各グループに適した情報を発信する方法です。行動履歴や属性に基づきグループ化し、特定コンテンツを配信することで反応が得やすい特長があります。

サンクスメール

会員登録などのタイミングで自動返信されるお礼メールを活用した方法です。開封率が高いという特徴があります。

トリガーメール

サイト訪問時に見込み客に自動でメールを発信する方法です。検討確度を高めて次のアクションを促進させる効果があります。例えば、商品ページ閲覧後に値下げ情報などを提供する方法などが該当します。

シナリオメール

見込み客のアクションに応じて自動的に情報を提供する方法です。複数のシナリオを用意すれば効率的なアプローチを期待できます。

◆メールナーチャリングで重要なこと

メールナーチャリングにおいて鍵となるのは、「誰に」「何を送るか」です。見込み客の中にはそれぞれ検討度合いに差があり、それに応じて求める情報も変わってきます。

メールナーチャリングを通して、リードにとって有益なお役立ち情報やノウハウを提供し、自社への興味関心を与えるようなコンテンツを発信しましょう。

 

また、メールで提供する情報は、見込み客の検討度合いによって変更することが重要です。

潜在層は、まだ自分たちが抱えている課題に気が付いていないため、現状の課題を示唆するコンテンツを発信しましょう。

一方、既に課題を認識している準顕在層には、課題解決に繋がる商品やサービスを提供していることをアピールするコンテンツを発信しましょう。

◆まとめ

今回は、メールナーチャリングについて紹介しました。

メールナーチャリングや見込み客の関心を高めるために効果的で、少人数で始められるためコストを抑えられるという利点があります。

メールナーチャリングにはさまざまなアプローチ方法があるため、見込み客の属性や検討度合い、行動履歴などに応じて最適な方法を選びながら行っていきましょう。

採用情報を見る >

?