担当者必見!営業に効果的なメルマガの作成方法

スキルアップ

約20年も前からあるメルマガですが現在でも多くの人に認知されているポピュラーな営業ツールです。

しかし営業の成果をあげるメルマガを作り配信することは、そう簡単なことではありません。

そこで今回は営業に効果的なメルマガの作成方法についてご紹介いたします。

もくじ

  1. メルマガの効果
  2. 営業に効果的なメルマガの作り方
  3. 効果測定
  4. まとめ

メルマガの効果

最近ではチャットツールを使ったコミュニケーションが活性化し、メールの受信数が昔よりも減っている方も多くなりました。

メールの受信数が少ないということは、他社のメールでメルマガが埋もれてしまう可能性が低くなるという事であり、それだけメルマガをターゲットに認知してもらえる可能性が高くなります。

チャットツールでのコミュニケーションが増えた今だからこそ、メルマガには大きなチャンスが潜んでいると言えます。

営業に効果的なメルマガの作り方

  • ペルソナを明確にする
    メルマガを読む人がどのような人なのかあらかじめ、ペルソナ(ターゲット像)を明確にしておく事が重要です。
  • 配信リストを整える
    初めて会員登録した人と、すでに購入履歴のある人など配信するターゲットをリスト化して整えることが重要です。
  • ゴールを想定する
    メルマガを配信する目的は何かを常に意識し、メルマガを配信すること自体が目的になってしまわないようにすることが大切です。
  • 配信するタイミングを工夫する
    ビジネスマン向けの場合、通勤中の電車の中でメルマガを読む機会が多いと想定し、配信時間を朝の通勤時間にしたり、若者に配信する場合には夜にスマートフォンを見る時間が多いと想定し配信時間を夜にするなど、配信する相手によって配信時間を変えるなど工夫すると効果的です。

効果測定

メルマガを配信したら、開封率や、メルマガのリンクからアクセスした数、コンバージョン数などの効果測定をすることが大切です。

配信解除する人の数が多い場合には理由を追究して問題解決していくことも重要です。

メルマガ配信サービスなどのツールを使えば簡単に効果測定することができます。

メルマガの精度を向上させるには効果測定を細かく行って課題を解決していくことがポイントです。

◆まとめ

メルマガは書く人と読む人のコミュニケーションです。

「伝える」という気持ちを忘れずにトライしてみましょう。

採用情報を見る >

?