コストの観点から見る『メールマーケティング』のメリットとは?

スキルアップ

BtoBマーケティングでは限られた予算、限られたリソースの中で取り組む必要があるため、その手法に課題を抱えているかたも多いのではないでしょうか。

多く登場しているマーケティングツールを用いることも一つの手段ですが、今回はコストの観点から見た時に、実は優秀である「メールマーケティング」について解説いたします。

  1. メールマーケティングのコストパフォーマンス
  2. メールマーケティングのターゲティング
  3. メールマーケティングの分析
  4. まとめ

メールマーケティングのコストパフォーマンス

メールマーケティングは大量のメールを効率的に配信できます。また、「メールマガジン」だけでなく、ユーザーの属性に合わせた「セグメント配信」など、多様なアプローチが可能です。

ターゲット層に直接アプローチできるなど、他の広告手法と比べると、コストパフォーマンスが高い施策とされています。

メール配信を行うためのツールを検討する場合でも、メールマーケティングは古くからある施策なため、ミニマムスタートできるプランなど、選択肢が多く費用を抑えて配信することも可能です。

メールマーケティングのターゲティング

メールマーケティングでは、収集したデータを元にターゲット層を特定して、顧客にとってより魅力的な情報を届けることができます。特に「セグメント配信」で、より小規模な単位でのセグメントに対するメール配信を行うことでよりコンバージョン率を向上させることができます。

また細かいセグメントごとに効果的な訴求を学習するためのコストが少ないことも、メールマーケティングにおけるメリットの一つです。

他のマーケティング施策だと、細かく分けたセグメントに対して、それぞれ最適化を行うためには大きなコストを要する場合もあります。ですが、メールマーケティングは古くから存在するマーケティング施策であるため、配信やコンテンツ制作のためのノウハウを収集しやすいです。

メールマーケティングの分析

メールマーケティングでは、送信したメールの開封率やリンクのクリック率など、データを収集することが可能です。また、メールからランディングするWebページでも、離脱率や遷移率など、詳細な数値を知ることができます。

これらのデータから、ユーザーのニーズや反応がよい訴求などを把握し、最適化をおこなうことができます。もちろん訴求内容だけでなく、セグメントの見直しや、配信のタイミングなど、継続的な改善を行なっていくことも可能です。

こういった最適化により、より効果的なメールの配信ができるため、費用対効果も継続的に向上させることが可能です。

まとめ

メールマーケティングは費用を抑えながらできるマーケティング施策の一つです。古くから存在する定番の施策だからこそ、優先度が低くなったり、見直しをすることが少ないです。

しかし、配信方法やコンテンツを変えていくことで、より効果的かつ低コストな施策として打ち出すことが可能です。マーケティングの施策に行き詰まった際には、メールマーケティングの存在を思い出して見ることが、有効な手段かもしれません。

採用情報を見る >

?