Google広告クライアントセンターって何?複数アカウントを一括管理する方法をご紹介

ツール

Google広告において複数のアカウントを運用している際に、それぞれのアカウント毎にログイン、ログアウトを繰り返して管理することは手間がかかります。

Google広告には「MCC(マイクライアントセンター)」アカウントという、複数のアカウントを一括管理できる機能があります。

このクライアントセンターの機能や特徴を紹介いたします。

  1. MCC(マイクライアントセンター)とは?
  2. MCCを使うメリット
  3. MCCの登録方法
  4. まとめ

MCC(マイクライアントセンター)とは?

MCCとは、複数のGoogle広告アカウントを一括管理できるツールです。主に代理店などの、複数のクライアントを抱えている人に適しています。

複数のGoogle広告のアカウントを持っている方にとっては、MCCを活用することで作業効率の改善や、広告運用の作業の簡易化が期待できるものです。

MCCを使うメリット

実際にMCCを使うことで、どんな機能が使えて、どんなメリットが得られるのかを紹介します。

1.キャンペーンの一括管理

複数のアカウントにあるキャンペーンを、一つのダッシュボードで作業を行えるため、無駄な手間がかかりません。また、複数アカウントの請求をまとめることも可能になるため、運用段階だけでなく、費用の処理の際にも手間が減ります。

2.それぞれのアカウントの成果を比較

MCCで広告アカウントを一括管理することで、アカウント毎の成果の比較も容易になります。コンバージョン測定や、キーワードの掲載結果などのレポートもまとめて自動作成ができます。Google広告アカウントを横断して分析することで、スピーディーな改善ができます。

3.共同管理が容易

MCCは自分以外のユーザーにもアクセス権を付与することが可能です。管理権限も変更できるため、チーム内のメンバーで共同で管理・運営をすることが可能です。

4.リマーケティングリストを共有できる

アカウントだけでなく、リマーケティングリストの共有も可能です。他のアカウントで順調だったリマーケティングリストを共有し、そのリストに向けて広告をカスタマイズすることで、新しいアカウントの広告も高い広告効果を期待できます。

MCCの登録方法

MCCを始める手順をご紹介します。次の2ステップで簡単にMCCが始められますので、ぜひお試しください。

1.MCCアカウントを作成する

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/manager-accounts/

まず、上記のサイトにアクセスします。

その後、サイト内の「クライアントセンター(MCC)を作成」をクリックして、入力フォームに沿ってアカウントの設定を行います。

2.広告アカウントを登録する

MCCアカウントを作成したら、既存の広告アカウントをリンクしたり、新たに運用するアカウントを作成します。

MCCアカウントのページの「アカウント」からリンクまたは作成を行うことができます。

まとめ

MCCは運用するGoogle広告アカウントが多い方にとっては、必要不可欠になるほど効率化が進むツールです。

もし、導入されていない場合は、ぜひとも導入して広告運用の業務を加速させてください。

採用情報を見る >

?