メディアの読者を増やす、”見せる”記事の書き方をご紹介!

スキルアップ

コンテンツマーケティングでオウンドメディアを立ち上げたとしても、継続的に読者の獲得ができていなければ効果は出ません。

オウンドメディアの効果を出すためにも、新規読者に認知してもらい、ファンの獲得を繋げるコンテンツ作りが重要です。

そして読者の獲得するためにも、メディアは”読ませる記事”というよりも、”見せる記事”を作ることが成功に繋げる鍵となります。

そこで今回は、メディアの読者を増やすための記事の書き方について紹介していきます。

もくじ

  1. 見出し
  2. 見出し
  3. 見出し
  4. まとめ

◆簡潔で内容が分かりやすいタイトル

メディア記事は、通勤時間やお昼の休憩時間など、限られた時間に読まれることが多いため、簡潔で分かりやすくまとめられたメディアであればあるほど多くのユーザーに読んでもらえる機会が増えます。

そのためにも、記事の内容を瞬時に理解できるようなタイトル作りを意識しましょう。

人間が一度に知覚できる文字は9~13文字と言われています。

ただ、13文字以内で記事の内容を把握できるタイトルを作るのは大変難しいので、13文字以内に句読点を付けて全体で30文字前後になるようなタイトル作りを意識しましょう。

また、通常は使われない漢字や意味や読み方が複雑な漢字などは、読者の混乱を防ぐためにも、ひらがなにしましょう。

◆記事のキーワードをアイキャッチに入れる

記事の内容を表すキーワードを、アイキャッチ画像やOGPに入れましょう。

読者がどの記事を読めば良いのか分かりやすくするために、アイキャッチやOGPに記事のキーワードを入れましょう。

キーワードを強調することで、そのキーワードに関心のある読者へリーチでき、記事のテーマが分かるため、読者に記事のポイントを意識づけることが期待できます。

また、SNSなどでメディア記事を発信する際も、OGPにキーワードを入れておくことで、目に入る情報量が増えるため効果的です。

◆読者を獲得するなら「まとめ」系のメディア

汎用性が高く、内容をライトに紹介できる「まとめ」系のメディアは、広い読者を獲得するのにおすすめです。

広い層にリーチでき、掲載するコンテンツのボリュームも少なめになるので、精査した情報を集約できやすいです。

また、記事のタイトルも作りやすく、「○○まとめ」や「○○10選」など、他のまとめ記事でも使いまわせるような汎用性のあるタイトルで、読者の目にも入りやすくなるためおすすめです。

◆まとめ

今回は、メディアの読者を増やすための記事の書き方について紹介しました。

メディア記事は読者に”読ませる”のではなく、”見せる”ような内容で書くことが成功への鍵です。

新規読者へのリーチやファンを増やすためにも、”見せる”記事作りを心がけましょう。

採用情報を見る >

?