成果を出すための動画広告運用について解説!

スキルアップ

動画広告を運用していくにあたり、想定していた成果が出ていなかった場合、その原因をしっかりと把握して適切な改善を実施していくことが重要です。

今回は、動画広告運用時に、成果が出なかったときの原因や改善策、見るべき指標やポイントなどについて紹介していきます。

もくじ

  1. 動画広告の成果が出なていないときの原因
  2. 動画広告で見るべき指標
  3. 動画広告のポイント
  4. まとめ

◆動画広告の成果が出なていないときの原因

動画広告を運用していて、想定していた成果が出ていない場合、まずは原因を把握するところから始めましょう。

原因を正しく把握することで適切な改善策を打ち出すことに繋がります。

動画広告で成果が出ない場合、考えられる主な原因は以下の4つが挙げられます。

ターゲット設定の絞り込み

動画広告は、よりターゲットに刺さる内容を作ることが重要です。

年齢・性別だけでなく、ターゲット層の興味・関心の設定が可能ですので、訴求したいユーザーを明確にして、最適なターゲティング設定をしましょう。

広告を出稿する媒体の選定

動画広告は、自社のターゲット層がよく利用する媒体に出稿することが非常に重要です。

せっかくターゲット層が興味・関心を引くような広告を作っても出稿先の媒体にターゲット層の数が少ないようでは意味がありません。

自社のターゲット層がよく利用する媒体をしっかりと調査して、正しい媒体に広告を出稿するようにしましょう。

目的を明確に

動画広告だけでなくどの広告にも言えることですが、やはり動画広告を出稿する目的が明確でなければなりません。

目的が曖昧なままだと、訴求のイメージや出稿する媒体の選定、そもそも指標の目標値なども定まりません。

改善に取り組む前に目的をしっかりと見直すようにしましょう。

分析や効果測定を正しくできていない

PDCAを繰り返していても成果がでなかったら、正しい分析や効果測定ができていないことが考えられます。

成果をしっかりと出すためにも、定期的な分析や効果測定を実施し、問題点を明確にして改善策を打ち出していきましょう。

◆動画広告で見るべき指標

動画広告を改善する際に確認するべき指標について見ていきましょう。

再生数

単純ですが、動画広告が再生された回数です。

魅力的な広告ができたとしても、再生数が少なければユーザーには魅力が伝わっていないことが考えられます。

動画をそもそも再生してもらえなければ、広告の内容も当然見てもらえません。

再生数を伸ばすために、ターゲティングの再設定や出稿している媒体などの見直しをして改善していきましょう。

クリック率

クリック率とは、表示回数に対して動画広告がクリックされた割合を示す指標です。

販売促進や資料請求数アップを目的としている場合において、特に重要な指標となってきます。

数値が低い場合の原因としては、正しいターゲティング設定ができていなかったり、訴求している内容がターゲットに響いていなかったり、マッチしていないことが考えられます。

ユーザーがクリックしたくなるようなコンテンツになるように改善していきましょう。

再生時間

再生時間はそのままの動画広告が再生された時間のことです。

再生時間が多いほど、ユーザーがその広告に対して興味を示していることが考えられます。

逆に低い場合はユーザーに興味を示してもらえてなかったり、訴求内容がしっかりと伝わっていないことが考えられます。

ターゲット層のユーザーのニーズをしっかりと把握し、悩みや課題を解決してくれるような内容に改善していきましょう。

◆動画広告のポイント

動画広告は、最初の1秒~2秒でユーザーを惹きつけるようなコンテンツを作り上げることがポイントです。

動画広告は視覚と聴覚で内容を訴求するため、文章やイラストだけの視覚的な広告の訴求よりも多くの情報をユーザーに伝えることができます。

ただその代わりにユーザーに”時間”を消費してもらい、訴求することになります。

スルーされないように、その動画広告の内容に引き込まれるようなインパクトのある内容を作り上げることが成功に繋がります。

また、ターゲットの悩みや課題を言語化したり、ストーリー性を持たせたりするなど、工夫を凝らすのも効果的です。

◆まとめ

今回は、動画広告運用時に、成果が出なかったときの原因や改善策、見るべき指標やポイントについて紹介しました。

動画広告の運用で成果を出すために重要なことは、明確な目的とターゲティング設定、正しい媒体の選定、定期的な分析と改善をする必要があります。

曖昧なまま運用を進めてしまうと、成果が出ないまま運用の費用対効果に無駄が出てしまうことになりかねません。

動画広告で成果を出すためにも、適切な運用を続けていくことを心掛けましょう。

採用情報を見る >

?