動画マーケティングにおけるPDCAの重要性

スキルアップ

動画の需要が拡大している現在、「動画マーケティング」が企業に注目されています。動画広告は、広義的に見るとTVCMなども含まれますが、近年においては特にソーシャルメディアとの相性が非常に良いため、ソーシャルメディアを利用して動画広告を配信する企業が増えているのです。

そんな動画広告について、今回は広告の効果を最大化させるPDCAの重要性を紹介していきます。

もくじ

  1. 定期的なPDCAで内容を改善
  2. 離脱される前に情報を伝える動画構成
  3. 動画広告のPDCAを回す際のポイント
  4. まとめ

◆定期的なPDCAを回して内容を改善

静止画の広告にも共通する内容ですが、広告を見られる回数が多くなるほど、その広告の効果は薄れていってしまいます。そのため、定期的なPDCAを回して内容を改善することが重要です。

例えば、動画のカット構成や長さ、キャッチコピーや音声などを少しずつ変更する、などの改善手段があります。最初に作った動画のままだと逆に機会の損失につながってしまう可能性があるので、PDCAを回すことはとても重要となります。

動画に対するユーザーのリアクションをツールなどで分析しながら、ユーザーが求めているコンテンツの提供を目指しましょう。

◆離脱される前に情報を伝える動画構成

動画の構成の部分で、その広告で訴求したい内容がでる順番も重要になってきます。例えば、YouTubeのインストリーム広告では、スキップされないで再生される最初の秒数に、どれだけターゲットのユーザーに魅力的なコンテンツを提供できるかがとても重要になってきます。

そのためにも、ターゲットのユーザーが離脱してしまう前に必要な情報を訴求して、コンバージョンへとつなげるために、PDCAを速く回すことはとても大切です。

◆動画広告のPDCAを回す際のポイント

動画広告におけるPDCAで重要なことについて紹介しましたが、実際に回す際のポイントを解説します。

・目的やKPIを明確にする
動画の目的やKPIが明確でなければ、ターゲットにしているユーザーにも響かない内容や構成になりかねません。動画の目的によってKPIを設定し、ユーザーにしっかりと届くものにしましょう。

・ターゲットのユーザーにあった配信媒体とスケジュール
広告に出す動画の制作が終わったら、今度は配信先の媒体や投稿スケジュールの設定が大切です。実際にターゲットとしているユーザーの属性や行動合った配信媒体を設定し、投稿スケジュールを立てていきましょう。

◆まとめ

動画マーケティングにおけるPDCAの重要性について紹介しました。

動画マーケティングはスマートフォンや動画コンテンツが普及した現代において、とても効果的な施策です。もし、動画広告などの導入を検討しているのであれば、動画を制作する前の段階から目的やKPIを明確にしましょう。そして制作後は、動画の効果をしっかり活かすために、PDCAを回して課題を改善しながら運用していきましょう。

採用情報を見る >

?