動画SEOとは?動画の検索順位を高めるための施策をご紹介!

スキルアップ

Webサイトを検索結果画面に上位表示させるための施策を「SEO対策」と呼びますが、そのSEO対策の動画バージョンと言える「動画SEO」を、皆さんはご存知でしょうか。動画の需要が高まっている現代、動画で集客を図っている企業にとっては重要な施策につながるはずです。

今回は動画SEOについて解説していきます。

もくじ

  1. 動画SEOとは
  2. 動画SEOを行うメリット
  3. 動画SEOのポイント
  4. まとめ

◆動画SEOとは

動画SEOとは、キーワードごとの検索結果画面に、動画を上位表示させるために最適化していく施策のことを指します。

キーワードごとに、そのキーワードを検索したユーザーの求める情報が盛り込まれた動画を作成する必要があります。ユーザーのニーズを考慮し、検索エンジンのGoogleやYouTubeに理解されやすい動画であればあるほど、上位表示されやすくなります。

◆動画SEOを行うメリット

検索結果で上位表示されれば、それだけ多くの人に見てもらえる機会が増えます。視聴者数が増加すれば、その分自社の商品やサービスの認知拡大へとつながるというメリットがあります。

視聴者数が増えればその分自社のターゲットユーザーに見てもらえる機会も増えます。単に視聴者数を増やすためだけではなく、確度の高いターゲットユーザーに対してリーチできるため、サイトへのアクセス増加やコンバージョン獲得につなげることができます。

また、概要欄には文章やリンクを記載することが可能です。上位表示されるようになった動画の概要欄に自社サイトのリンクや会社の情報などを記載すれば、サイト流入のきっかけになり得ます。少しでもユーザー獲得のチャンスをこぼさないためにも、概要欄は有効に活用するのが大切です。

動画SEOのポイント

動画SEOでは、ユーザーの検索ニーズを把握する必要があります。Googleの検索ニーズとYouTubeの検索ニーズは、検索の傾向が異なっている場合があり、それぞれのニーズに分けてキーワードを調査し、ニーズ把握した上で動画を作成することが重要です。

動画を公開後もアナリティクスデータをもとに内容を改善することも、動画SEOで重要なポイントです。アナリティクスから推測できるデータをもとにPDCAを回して、動画のクオリティを上げていきましょう。

◆まとめ

今回は動画SEOについて解説していきました。

動画の需要が高まっている現代、動画を使って集客を図っている企業が増えています。もし、動画を使った集客を考えているようでしたら、作った動画が他に埋もれてしまわないように、動画SEOの施策を取り組むことをおすすめします。

採用情報を見る >

?