今さら聞けない!メルマガ配信で注意すべき「オプトアウト」とは?|法律や例外を解説

スキルアップ

メルマガで情報発信する上で、絶対に知っておかなければならないのが「オプトアウト」です。

今回は今更聞けない、「オプトアウト」についての注意すべき点やその例外について解説いたします。

もくじ

  1. オプトアウトとは
  2. 特定電子メール法
  3. オプトアウトの注意点
  4. まとめ

オプトアウトとは

「オプトアウト」とは、メルマガ配信などの情報の「受け取り拒否」を可能にしておくことです。

反対に「メルマガ配信を送る」という同意を、受け取り側にあらかじめ得ることを「オプトイン」と言います。

現在では広告や詐欺につながるメールを取り締まるために、オプトイン方式が義務化されています。

しかし、契約のなかで料金請求をするメールや、広告的内容が含まれているものの広告メインではない場合には、オプトアウトが例外となるケースもあります。

特定電子メール法

「特定電子メール法」はメール配信を適切に行うために2002年に施行された法律です。

広告をメインとしたメールや、いかにも虚偽の疑いのある内容から営業サイトに誘導するメールなどが該当します。

迷惑メールや広告が大量に送られてくることを防止するために、「特定電子メール法」が設けられ規制が強化されました。

そんな中「オプトアウト」も注目を受け、適切なメール配信を維持するための環境づくりが求められるようになりました。

◆オプトアウトの注意点

  • 必ずメールアドレスを入力したページのリンクを貼る
    受信者がなぜメールが送られてきたのかを確認できるように、送信者側のリンクの記載は必須です。
  • 配信停止の方法を明確にする
    受信者が停止したいと思ったときに行動に移せるよう、停止の方法はわかりやすく目立つように明記することが重要です。
    配信停止の方法が分かりにくく記載されていたら、受信者の信頼を失いストレスを与える可能性あるので注意が必要です。

◆まとめ

情報は配信するだけではなく、受信者が満足することが重要です。

オプトアウトについての意識を今一度高めて、よりよい配信活動に繋げていきましょう。

採用情報を見る >

?