プレスリリースとは?目的や必要なポイントをご紹介!

スキルアップ

この記事を読んでくださっている方の中に、「プレスリリース」という言葉を聞いたことがある、知っているという方はいるでしょうか?マーケディングに触れてこなかった人にとってはあまり聞きなじみがない言葉かもしれせんが、企業が情報を告知する際にとても有効な施策の一つです。

今回は自社の新商材の販売や新規事業の立ち上げ、イベント開催時などの告知の際に利用したい「プレスリリース」について紹介します。

もくじ

  1. プレスリリースとは
  2. プレスリリースを行う目的
  3. プレスリリースを成功させるために必要なポイント
  4. まとめ

◆プレスリリースとは

プレスリリースとは、企業がテレビ局や新聞社などの報道機関へ向けて、「新商品や新サービスの告知」や「新規事業の紹介」、「イベント開催の告知」などの企業情報を発表することです。発表形式は、電子メールや文書の送付、記者会見などがあります。

◆プレスリリースを行う目的

企業がプレスリリースを行う目的、それはメディアに取り上げられることによる世間への認知拡大です。プレスリリースが報道機関に取り上げられると、ニュース番組や新聞記事にて企業情報が広められるため、広告よりも多くの人々へ認知拡大の効果が期待できます。情報を発表するだけのため、広告費をかけずに認知拡大が見込めるという点も実施する目的と言えます。

ただし、酷な言い方になってしまいますが、プレスリリースは自社が勝手に発表しているだけなので、報道機関が絶対にその情報を取り上げてくれるというわけではありません。報道機関は、世間が関心を示しそうなたくさんの出来事や情報を毎日まとめており、その中には企業のプレスリリースだけではなく、公共機関から提供される情報なども含まれます。

たくさんの情報が飛び交うなか、自社のプレスリリースを報道してもらうためには、報道機関に「この情報は取り上げよう」と思わせる情報の質が必要となります。

◆プレスリリースを成功させるために必要なポイント

報道機関にプレスリリースを「取り上げよう」と思わせるために必要なポイントがあります。プレスリリースを検討している企業の広報担当者の方は以下のポイントを覚えておきましょう。

手短な内容で目的がすぐに理解できる文章に
プレスリリースを読む報道機関は先述したように、日々たくさんの情報を確認しなければなりません。そのため、文書のタイトルや文章は手短かつ、すぐに目的が理解できる内容でなければスルーされてしまう可能性が高くなってしまいます。大量の情報の中から報道機関の担当者が興味を持つようなタイトルや文章を作ることを心掛けましょう。

広告感のない内容にする
プレスリリースの目的を「認知拡大のため」と紹介しましたが、広告感が強い内容になってしまうと、逆に報道機関に敬遠されてしまう傾向があるので注意しましょう。自社の情報を自然に紹介しつつ、その情報を「取り上げよう」と思わせることが大切です。

信頼性のある情報を発信する
プレスリリースをする際、その情報自体の信頼性が重要になってきます。なんの確証もない情報や主観的な表現がされている情報だと不信感を覚えてしまいます。例えば、「こちらの商品は全体の約95%のユーザーに満足いただけました。」というように数字を使った表現をすると尚良いでしょう。

内容のイメージを補填させる画像やイラストを載せる
文章だけだと、内容を読んでいてもいまいちイメージが湧かず、そのままスルーされてしまう…という可能性があります。担当者の興味を引くために、内容をイメージしやすくなるような画像やイラストを掲載するなどの工夫も重要な要素になります。

◆まとめ

プレスリリースについて、目的や重要なポイントを踏まえて紹介しました。

企業の新商材や新規事業、イベントの情報などを提供することで、報道機関に取り上げてもらい、多くの人々に触れられて認知拡大につなげることができる「プレスリリース」。報道機関の担当者に「取り上げたい」と思わせるような内容を作るために、分かりやすくも強みや新鮮さがはっきりと伝わるような内容作りを心掛けましょう。

採用情報を見る >

?