サイトリニューアルの重要ポイントを解説!

スキルアップ

現行のWebサイトでは顧客の獲得や認知拡大に繋がっていない場合、「Webサイトのリニューアルを実施しよう」と考える、企業のWeb担当者の方は少なくないと思います。

実際、デザインが古かったり、企業や事業内容の情報にまとまりがなく見づらいサイトデザインなどは、リニューアルをした方が数値の増加へ繋げられることが期待できます。

ただ、Webサイトのリニューアルは企業にとっては大きな施策となり、費用面は決して安くはないため、稟議を通すことになるはずです。

そして、このような大きな施策を実施する際は、絶対に失敗はしたくありませんよね。

そこで今回は、サイトリニューアルについて、実施する主な目的や重要なポイントを紹介していきます。

もくじ

  1. サイトリニューアルを実施する主な目的
  2. サイトリニューアルを実施する際のポイント
  3. サイトリニューアル後も運用・改善・分析を
  4. まとめ

◆サイトリニューアルを実施する主な目的

サイトリニューアルを実施する目的の代表的な例を紹介します。

以下の例を見て、該当する部分に課題を抱えているサイトは、リニューアルを検討してみてはいかがでしょうか。

集客改善・ユーザビリティ改善

Webサイト経由での集客数の改善やサイト自体のユーザビリティの改善を目的としたリニューアルです。

ユーザーに最適なUI/UXデザインを意識しつつ、Webサイトの構成を作ることが重要です。

例としてリニューアル後の構成案やデザイン案に画像を多用したいというケースがあります。

ただそのケースだと、画像の読み込みによりページ自体の読み込み速度低下に繋がるので、ユーザーにとってストレスにならない読み込み速度を維持できるような構成作りが大切になってきます。

他にもユーザーの獲得へ繋げるために、ユーザーを誘導しやすい明確な動線作りも集客に繋げるためには重要な要素です。

ブランディング

現行のWebサイトが、自社のイメージに合っていない場合はリニューアルを検討してみましょう。

例えば、「顧客との”誠実”な取引をすることを約束している」という企業が、Webサイトに”情熱”などをイメージさせる赤色をメインに配色していたら、ユーザーには「この会社は熱意のある企業なんだな」と解釈されてしまう可能性があります。”誠実”な印象を与えるためには青系の配色をメインとしたWebサイトにするべきです。

企業の意図しているイメージをしっかりとユーザーに印象付けられているかを、ユーザー目線に立ち確認することが大切です。

SEO対策

ユーザビリティの良いWebサイトは、検索エンジンから高い評価を受け、検索結果画面の表示順位が高まるケースがあります。

SEO対策としてリニューアルを行うことも、実施する主な目的の一つです。

◆サイトリニューアルを実施する際のポイント

実際にサイトリニューアルをすることが決まった際は以下のポイントを押さえておきましょう。

明確な目的

上記見出しで上がったような目的やリニューアル後のサイト流入数の目標などを明確にしておきましょう。

目的や目標が明確ではないと、リニューアルの進行中に、社内の別部署や上長など多方面から要望があった際に、要望を精査できずに失敗してしまうケースがあります。

まずは、リニューアルの目的を明確にして社内へ共有し、会社全体で一貫した方向性を定めてサイトリニューアルを進行していきましょう。

ユーザー目線の徹底

リニューアルの機会で自社の紹介したいことを詰め込みすぎて、結果ユーザーにとって分かりにくいサイトになってしまっては元も子もありません。

重要なのはユーザー目線に立ち、サービス内容や企業のコンセプトがしっかりと伝わるようなサイトにすることです。

ユーザー目線になりきれない場合は、実際のユーザー層にヒアリングしてみるのも良いでしょう。

競合他社との差別化ポイントの明確化

サイトリニューアルは見た目だけのリニューアルではありません。サイトのコンテンツも見直す必要があります。

競合他社との比較検討の段階で、自社のサービスを選んでもらうためにも、差別化ポイントを明確にしたコンテンツにリニューアルしましょう。

アクセス数の減少に備える

サイトリニューアル後、アクセス数が急激に減少してしまうことがあります。

原因は色々なケースがありますが、一番多いケースがURLの変更による減少です。

サイトリニューアルをするとき、URLは基本的には変更しないという認識を持っておきましょう。

もし、どうしてもURLを変更したいという場合は、新しいURLへユーザーやクローラーを誘導するために、リダイレクト設定を絶対に行いましょう。

◆サイトリニューアル後も運用・改善・分析を

Webサイトは”作ったら終わり”ではないと言いますが、サイトリニューアルもそれに漏れません。

Webサイトが完成しても、定期的に数値状況追いかけながら運用・改善・分析を繰り返し行うことが重要です。

リニューアル前と変わった部分などを比較しつつ、目的や目標を達成するために必要な運用・改善・分析を続けていきましょう。

◆まとめ

今回は、サイトリニューアルについて、実施する主な目的や重要なポイントを紹介しました。

サイトリニューアルでは、見た目やデザインの変更はもちろんですが、何よりもWebサイトの効果を最大化させるための施策です。

そんなサイトリニューアルを失敗させないためにも、何故リニューアルが必要なのか、リニューアル後の数値目標、ターゲットユーザーの目線などの要素を明確にして、施策を進行していきましょう。

採用情報を見る >

?