まずはタイトルの見直しから!SEOで重要になるリライトの方法

スキルアップ

Webマーケティングにおいて、コンテンツの拡充とSEO対策を続ける、ということは必ず抑えておきたい基本事項です。コンテンツの拡充というと、新規コンテンツを作成することにフォーカスしがちですが、既にある記事をリライトすることも、効果的なSEO対策につながります。

そんなリライトの重要性や方法をご紹介します。

  1. リライトがSEO対策に有効な理由
  2. リライトでまず初めに見直す部分は?
  3. hタグの見直し方法
  4. まとめ

◆リライトがSEO対策に有効な理由

低コストで実行可能で、検索流入数の増加が望めるリライトの重要性を3点、ご紹介します。

1.コンテンツの品質アップ

オウンドメディアでコンテンツを投稿しても、日々競合コンテンツが生まれる時代です。競合と比べた時に、最新情報の記載がある、読みやすくなっている、情報量が多く充実している、といったアップデートを加えることで、投稿したコンテンツがより良質なものになります。

2.Googleの評価が高くなる

一度リリースしたコンテンツに対して、どんなキーワードから流入しているのかを分析して、そのキーワードに沿ったリライトを行うなど、戦略的なリライトは、検索順位の上位表示を獲得しやすくなるなど、Googleの評価を高めていくことができます。

3.最新SEO対策に対応できる

Googleのアルゴリズムが日々アップデートされている中で、過去のSEO施策が古くなった時に、リライトによって最新のSEO対策にアップデートすることができます。

初めに見直す部分は?

リライトを行う際、まず初めにタイトルを見直しましょう。本文をリライトする時間が取れない場合でも、タイトルを見直してリライトする、ということは有効です。

どのキーワードで検索し、流入しているのかを確認することで、リリースした際に狙ったキーワードと合っているか、などを見直すことができます。見直す際は、Google Search Consoleなどを使って、キーワードの状況を確認することが有効です。

hタグの見直し方法

タイトルだけではなく、hタグ(見出しタグ)を見直すことも重要です。この見出しタグでは、キーワードを入れるだけではなく、読みやすい記事であることがわかる必要があります。このhタグだけを抜粋して見るだけで、記事の内容がわかる構成となっていることが理想です。h1が記事の内容をまとめたものであり、h2,h3と見出しの情報が細かくなっていく必要があります。

◆まとめ

コンテンツを多く作った際に、検索順位が伸びない記事も出てくるかと思います。

やみくもに記事を書き直すのではなく、検索キーワードからユーザーの求める情報を推測してタイトルと見出しをリライトしすることが大事です。

低コストながら、流入数を大きく伸ばすことも可能なSEO対策となっております。

採用情報を見る >

?