今注目されている「SNS広告」とは?|注目されている理由や特徴をご紹介!

スキルアップ

近年SNSユーザー数の増加とともにSNS広告の数や種類も増加傾向にあり、その効果も注目されています。

そこで今回は、SNS広告の特徴やメリットについて詳しく解説いたします。

もくじ

  1. SNS広告とは
  2. SNS広告の特徴
  3. SNS広告が注目される理由
  4. まとめ

SNS広告とは

SNSとはSocial Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の略です。

そしてFacebook、Twitter、Instagram、LINE、TikTokなどのSNSを露出媒体とした広告のことを「SNS広告」と呼びます。

SNSを利用しているユーザーに広く訴求することができるため、Web上で集客や認知拡大を行う上で必須となりつつあります。

SNS広告の特徴

  • 正確なターゲティングができる

SNS広告はプラットフォームにユーザーデータが蓄積されているため、他のWeb広告と比べて年代や地域、趣味などのセグメントやターゲティングをより詳細に行うことができます。

  • 多くのユーザーにリーチできる可能性がある

SNSの中でも特にTwitterは拡散力が非常に高いので、多くのユーザーにリーチできる可能性があります。

  • 潜在顧客にリーチすることができる

検索連動型広告などのリターゲティング広告とは異なり、顕在ユーザー以外にも広告が表示されます。

そのため自社のプロダクトを知らない層への認知拡大を図ることができます。

SNS広告が注目される理由

SNS広告が注目されている大きな理由としては、やはり他のWeb広告とは異なる訴求効果を発揮してくれる点が挙げられます。

SNS広告は、ユーザーが登録している基本情報に合わせてセグメントし広告を配信することができるので、狙ったターゲット層に広告を届けることができる点が大きな強みです。

◆まとめ

SNS広告には他のWeb広告にはないメリットがありますが、拡散力が強い反面、炎上しやすいといったリスクもあります。

各SNSのユーザー属性を理解してユーザーとの親和性が高い広告を出稿するように心がけましょう。

採用情報を見る >

?