SNSと動画を活用したマーケティングついてご紹介!

スキルアップ

近年、スマートフォンの普及率上昇に伴い、SNSの利用者数も非常に多くなっています。

そんなSNSと相性の良いマーケティング商材が「動画」です。

SNSで配信される動画広告は認知度アップやコンバージョン獲得まで、幅広く活用でき、数値の増加が期待できます。

今回はSNSと動画を活用したマーケティングについて紹介していきます。

もくじ

  1. 動画マーケティングとSNSについて
  2. SNS×動画の活用例
  3. 各SNSと動画の活用方法
  4. まとめ

◆動画マーケティングとSNSについて

動画マーケティングはコンテンツマーケティングの1つです。

動画を発信することで、自社の商品やサービスの魅力を伝えて、認知拡大やコンバージョン獲得に繋げることができます。

その動画を発信する場として、今SNSが活用されるケースが非常に多くなっています。

実際、動画マーケティングとSNSは非常に相性が良く、広告動画をSNSに発信することで情報を多くのユーザーに拡散することが期待できます。

さらに動画は、テキストや画像だけの広告と違い、多くの情報量をユーザーに伝えられるというメリットがあります。

そんな動画とSNSを活用したマーケティングは、中小企業から大手の企業まで、多くの企業の間でも注目されています。

現在もSNSを使った動画マーケティングに参入する企業は増えており、今後もさらに拡大することが見込まれています。

◆SNS×動画の活用例

SNSと動画は幅広い活用例があります。

営業

現在、営業資料を動画化することがトレンドとなっております。

資料を動画にすることで、他社の営業プレゼンとの差別化ができる他、紙資料よりも分かりやすく情報を伝えることができるため、クライアントとのコミュニケーションも円滑に進めやすくなります。

営業に課題を抱えている企業は、営業資料の動画化を検討してみてはいかがでしょうか。

採用

会社説明会の内容を動画にするのもトレンドになっています。

会社説明会に来れない求職者に会社のことを知ってもらえるきっかけを与えることができ、アプローチが届かない人材にも情報を発信することができます。

それにより、より優秀な人材の獲得に繋がることも期待できるのです。

◆各SNSの活用方法

YouTube

YouTubeを活用する目的としては、認知拡大、購買意欲の促進、エンゲージメントの向上です。

例えば求職者向けの採用動画によって学生の視聴が増え求人応募に繋がるなど、多くの活用方法があります。

YouTubeはプライベートに限らず、仕事の調査の一環でも活用されるケースが多いメディアなので、より多くのユーザーに情報を届けるのに向いています。

Instagram

Instagramを活用する目的としては、認知拡大、購買の検討、コンバージョン獲得です。広告を設定する際にそれぞれ目的を設定することができます。

Instagramを利用するユーザー層も幅広いですが、中でも若年層(特に若い女性)の利用者が多いため、そのターゲット層にアプローチをしたい商品やサービスの広告に適しています。

Instagramは画像や動画の投稿に特化したメディアのため、動画広告と非常に相性が良いです。

また、少額で双日に配信を開始できるため、広告配信にあまり慣れていない人でも始めやすいメディアです。

◆まとめ

今回はSNSと動画を活用したマーケティングについて紹介していきました。

SNSと動画は、スマートフォンの普及とともに利用するユーザーは増えていき、現在ではなくてはならないマーケティング商法のひとつとなっています。

特にBtoCの商品やサービスを提供している企業は、如何にしてターゲット層に自社の魅力を表現して認知の拡大やコンバージョン獲得に繋げられるか、非常に重要になってきています。その表現方法として、SNSと動画を活用している企業が増えているのです。

動画の制作費や広告出稿の予算など、決して安くはない施策ではありますが、明確に動画広告を運用したい目的を持っているのであれば、挑戦してみてはいかがでしょうか。

採用情報を見る >

?