「トラッキング」とは?|マーケティングの費用対効果を分析するために必須な活用事例

スキルアップ

アクセス解析において重要な施策は、サイト内のユーザーの行動を追跡・分析することです。そこでトラッキングを活用すればユーザーの行動を追跡・分析することができます。

今回はトラッキングについて解説いたします。

もくじ

  1. トラッキングとは
  2. トラッキングでできること
  3. トラッキングの活用事例
  4. まとめ

◆トラッキングとは

トラッキングとは日本語で「追跡すること」を意味します。具体的にいえばWebサイト内でのユーザーの行動を追跡し、分析することでアクセス解析の手法の1つになります。

◆トラッキングでできること

Webサイトのアクセス解析

「トラッキングコード」を付与することで、Webサイトに訪れたユーザーがどこから来てサイト内でどのページを閲覧して、どのくらいページに滞在したのか、最終的なコンバージョン計測まで行います。ユーザーの離脱率が多い場合などには問題点を分析します。

Web広告の効果測定

Web広告を配信した際は、広告のクリック数やコンバージョン数を測定し効果を測ります。そのデータをもとに広告を改善して検証を行います。

トラッキングの活用事例

メルマガやリスティング広告にトラッキングコードを付与することで、サイトを訪れたユーザーの行動を分析し、「メルマガ経由でサイトを訪れた人数、リスティング広告経由でサイトを訪れた人数、最終的に商品購入に至った人数などを把握します。

売上につながった広告、そうでない広告を明らかにし、効果のない広告は予算を減らすことで広告費の費用対効果を高めることができます。

◆まとめ

Webマーケティングでは、ユーザーの行動を正確に追跡・分析して、施策や広告の改善につなげることが重要なポイントになります。

トラッキングを有効活用してマーケティング効果を高めていきましょう。

採用情報を見る >

?