成果につながるWebライティングに必要なものとは?

WEB関連スキルアップ

自社のWebサイトコンテンツなどでライティングを担当されている人なら、書く記事内容がまとまらない、といった悩みがあるのではないでしょうか。

今回は、ライティング作業を始めたばかりの方や苦手だという方に向けて、Webライティングについて紹介します。

もくじ

  1. Webライティングの重要性
  2. Webライティングを始める前に
  3. Webライティングによく用いられる型について
  4. SEOライティングも意識する
  5. まとめ

Webライティングの重要性

まずはWebライティングの重要性について説明します。

Webライティングは、ユーザーが求めている情報を伝わりやすいように文章を執筆・構成し、尚且つ検索エンジンに読み取りやすい文章を書くことが重要になります。

記事を書く際は、ただ自分の伝えたい文章を書くだけではなく、様々なデバイスを使うユーザーを想定し、見やすく伝わりやすい内容を作り上げることが大切です。

Webライティングを始める前に

ユーザーに対して、見やすく・伝わりやすい内容を作り上げるために、まずは構成から作り上げることが大切です。

事前に記事の構成をしっかり決めておくことで、記事全体の流れを把握することができるので、スムーズに執筆をすることが可能になります。

Webライティングによく用いられる型について

Webライティングでは、よく用いられる文章構成の型が2つあります。ここでは、その2つの文章構成の型について紹介します。

・PREP法

PREP法は、「結論→理由→具体例→結論」という流れで文章を展開していく型のことです。

最初に結論が来るで、展開が分かりやすく、要点を捉えた説明が可能です。

・SDS法

SDS法は「概要→詳細の説明→まとめ」という流れで文章を展開していく型のことです。

1つの題材について3回に分けて細かく説明をするので、ユーザーに内容を素早く理解してもらいたいときに有効です。

SEOライティングも意識する

Webライティングをする際は、SEOも意識して文章を執筆できるようになると、検索エンジンの検索順位を上げることができ、記事の評価が高まります。ペルソナ設定やキーワード選定、コンセプト設計を意識して記事を執筆しましょう。

◆まとめ

Webライティングには、質の高い記事を作ることが求められます。

そのためにも事前の準備はもちろん、記事の文章構成やSEOについての知識を持ち、ユーザーの目線を意識できた、見やすく・伝わりやすい記事を作成することを心掛けましょう。

採用情報を見る >

?