Webデザイナーにおすすめの資格をご紹介!

スキルアップ

Webデザイナーを目指している方や自身のスキルアップのために、資格取得を考えている方が多くいると思います。

しかし、数あるWeb資格の中で、どの資格が自分に必要なのかわからないという方もいるのではないでしょうか?

そこで、今回は数あるWeb資格の中から、Webデザイナーにおすすめの資格を3つご紹介します。

もくじ

  1. アドビ認定プロフェッショナル
  2. Webクリエイター能力認定試験
  3. ウェブデザイン技能検定
  4. まとめ

アドビ認定プロフェッショナル

アドビ認定プロフェッショナルは、アドビが公認する国際認定資格で、PhotoshopやIllustratorなどのAdobe製品の基本的な利用スキルを証明する資格です。

開発元のアドビ株式会社が主催する世界共通のグローバルな資格試験なので、国際資格として海外でも活かすことができます。

アドビ認定プロフェッショナルを取得することで、デザインや動画編集のスキルなどを証明することができるため、自身のスキルアップだけでなく転職のときにも有利な資格です。

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験は、W3Cの国際基準に準拠したホームページ制作のスキルを問う試験です。

使いやすさやアクセスのしやすさに配慮したホームページ制作のスキルも問われます。

Webクリエイター能力認定試験を受験することで、体系的にWebサイト制作やデザインスキルが身に付けることができるだけでなく、Webクリエイターとして知っておきたい基礎知識を同時に学ぶことができるのが魅力です。

◆ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、Webサイト制作に必要なシステム構築やWebデザインなどの知識とスキルを問う試験です。

特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会によって実施されている試験で、Web業界唯一の国家資格でもあります。

ウェブデザイン技能検定を取得することでWebサイト制作における一定の知識やスキルを保有していることの証明ができるので、転職のときにも有利な資格です。

◆まとめ

数あるWeb資格の中から、Webデザイナーにおすすめの資格を3つご紹介しました。

資格を取得することで、転職の際に有利になるだけでなく、勉強しながら知識やスキルを身に付けることができ、自身のスキルアップにも繋がることがわかりました。

Webデザイナーを目指している方や自身のスキルアップをしたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

採用情報を見る >

?