ホワイトペーパーとは?種類や作り方についてご紹介!

スキルアップ

本来、政府が発行する「白書」のことを指していた「ホワイトペーパー」ですが、マーケティング用語としての意味もあることをご存知でしょうか。

今回はホワイトペーパーについて紹介していきます。

もくじ

  1. ホワイトペーパーとは
  2. ホワイトペーパーの種類
  3. ホワイトペーパーの作り方
  4. まとめ

◆ホワイトペーパーとは

マーケティング用語の「ホワイトペーパー」とは、自社の商品やサービスに関する情報やノウハウ、課題解決につながる手段を集めた資料のことを指します。その内容をコンテンツを通して伝えることで、認知を上げて訴求することができるようになります。

BtoBマーケティングにも活用され、効果的にリード情報の獲得が見込めます。また、選定する内容によっては潜在層からのアクセスを獲得することも可能であり、活用次第で自社商品・サービスの認知や購買意欲の促進が期待できます。

ホワイトペーパーを作る目的としては、「新規リードの獲得」「リードナーチャリング(見込み顧客の育成)」などがあります。他にも、ホワイトペーパーの閲覧を通してユーザーがサービス内容を深く知ることができ、それによって受注の確度を高められるというメリットもあります。

◆ホワイトペーパーの種類

ホワイトペーパーには以下の3つの種類があります。

・課題解決型
ホワイトペーパーの基本的な形式です。読者が持っている課題に対して解決策や参考情報を提示することで、自社サービスの認知を期待でき、潜在層ユーザーのリード獲得に適しています。

・事例紹介型
自社商品やサービスを実際に活用して、課題解決に導いた事例を記したホワイトペーパーです。抱えていた課題に対してどのように解決したのかを具体的にまとめたものです。導入のイメージがしやすく、受注につながりやすいのが特徴です。

・レポート型
調査の情報や業界、トレンドの情報などをホワイトペーパーにまとめたものです。例えば、自社で行ったサービスに関するアンケートデータだったり、市場や業界の動向について調査した内容をまとめたものなどがあります。

◆ホワイトペーパーの作り方

ホワイトペーパーは以下のような手順で作られていきます。

1. 課題の設定
ユーザーが抱えている課題の中で、自社の商品やサービスで解決できる課題を選定して、ホワイトペーパーのテーマを決めて作成を始めます。

2. 目標の設定
作成したホワイトペーパーをユーザーが読むことによって、どのようなアクションを起こしてほしいのかを設定します。

3. ターゲットの設定
ホワイトペーパーを読んでほしいターゲットを明確にすることで、ホワイトペーパーの方向性や内容を細かく設定します。

4. 構成の作成
ホワイトペーパーのストーリーとなる構成を決めます。読んだユーザーが商品購入やサービス導入に対して、意欲的になるようなホワイトペーパーの構成を作ることが作成者に求められます。

5. 制作
テーマや構成が決まったら、実際にホワイトペーパーを制作していきます。キャッチコピー、テキスト、画像、デザインなど、ユーザーが読みやすく目を引くようなクオリティが制作者には求められます。

◆まとめ

「ホワイトペーパー」の意味や型の種類、作り方について紹介しました。

ホワイトペーパーを活用すればユーザーが商品やサービスについて深く知ることができるため、自社の認知や購買意欲の促進が期待できます。リードの獲得やリードナーチャリングの効果にも期待できます。ホワイトペーパーの作成を一度検討してみてはいかがでしょうか?

採用情報を見る >

?