担当者必見!Yahoo!(ヤフー)リスティング広告の導入方法

スキルアップ

リスティング広告の出稿をしたいと思っても、まずどの媒体を選べばいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は低予算で出稿できるYahoo!広告について、その特徴や導入方法などをご紹介いたします。

もくじ

  1. Yahoo!広告とは
  2. Yahoo!のリスティング広告の特徴とメリット
  3. Yahoo!のリスティング広告の導入方法
  4. まとめ

Yahoo!広告とは

Yahoo!広告とは、「Yahoo!JAPAN」で掲載できる広告のことです。

Yahoo!広告には検索広告とディスプレイ広告の2種類があります。

検索結果一覧の画面上部に掲載される、文字のみの広告のことを検索広告と呼びます。

対してディスプレイ広告は各サイトのコンテンツ内に広告が掲載されます。検索広告とは異なり、文字だけではなく画像や写真も一緒に掲載できます。ディスプレイ広告はコンテンツの途中や下部、横などに四角い枠で表示されるケースが多いです。

一般的にリスティング広告と言われているものは、Yahoo!広告の中でも検索広告の方です。

Yahoo!のリスティング広告の特徴とメリット

Yahoo!のリスティング広告の特徴は、Yahoo!JAPANはもちろん、提携パートナーサイトへの表示も可能な点です。excite、朝日新聞DIGITAL、Amebaなど集客力のある提携パートナーサイトへ表示することができます。

Yahoo!広告は、1日あたりの上限予算を設定することができるので、1日あたりの上限を設けて運用すれば低予算から始めることができます。

また、バナーなどの作成の必要がなく、文章のみでアプローチできる点も大きなメリットです。

Yahoo!のリスティング広告の導入方法

まずはYahoo!JAPANのビジネスアカウントを作成します。

次にYahoo!のアカウント作成ページから入力フォームに沿って会社名・住所・業種・運用サイトのURL・管理者名・メールアドレスなどを入力しビジネスIDを取得します。

アカウントの開設とIDの取得が終わったら、次に管理画面から予算を設定します。銀行口座やクレジットカードの登録が必要になります。

予算や口座の設定が終わったら、先に入金をして残高を増やしておきましょう。

入金が完了したら管理画面の「キャンペーン予算」から1日あたりの予算を入力して予算の設定を行います。入札の方法や配信方法なども同じページで設定します。次にキーワードを設定し、広告文を作成します。

◆まとめ

Yahoo!のリスティング広告は、低予算から始められてサポートも充実しています。

簡単な登録と設定のみですぐに運用が開始できるので、短期間で効果を得たいとお考えの方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

採用情報を見る >

?